ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうかを見たので感想

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか」を見ました。
一応ずっと気になってはいたんですが、タイトルと絵柄的に多分自分には合わないだろうと思っていたのですが、
いざ見てみると面白くて一気に見てしまいました。笑

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

迷宮都市オラリオ ──
『ダンジョン』と通称される
壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。
未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。
人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、
少年は一人の小さな「神様」に出会った。

どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、
構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
~公式HPより引用~

管理人が見た感想

タイトルにだまされた

最近こういう感じのタイトル作品増えてますよね。
管理人はまぁ勝手なイメージですが、こういう系のタイトルは萌え重視だろうなーぐらいにしか思ってませんでした。
でもいざ見るといい意味で裏切られました。
タイトルとか絵柄で敬遠してるなら一回見た方がいいです。

ストーリー的に大きい要素は主人公成長物語って感じです。
世界観はログ・ホライズンとかソード・アートオンラインみたいにゲームの要素が濃い異世界ファンタジー系で、
こういう要素が好きなら割とすんなりと入り込めると思います。

また、主人公の純粋さにグッとくるシーンが多いです。
主要キャラとのエピソードに泣かされます。笑
リリルカとのシーンは本当に涙腺が崩壊しそうでした。なんとういうか主人公の純粋さに優しい気持ちにさせてくれます。
心が疲れている時にみると癒されるというかウルッときます。笑

主人公の成長ストーリーも王道な感じがしました。
最初は割と軟弱な感じですが、物語の中盤~後半にかけて一気に強くなります。
若干いきなり強くなりすぎじゃないかと思いましたが、でもまぁそれを差し引いても熱くさせてくれますね。笑

全12話で一息で見れるのも良かったです。

絵柄にだまされた

管理人は絵柄で敬遠してましたがもっと早く見とけばよかったと思ってます。
萌え要素?(曖昧なイメージしか持ってないですが)は有るにはありますが、思っていたほど気になりませんでした。
それよりも、モンスターの戦闘シーンなんか結構迫力があるので面白いですよ。

戦闘時の動作なんかも結構流れるような感じで、特に主人公が自身の壁を乗り越えるために
ミノタウロスとの一騎打ちのシーンなんかは熱く感じるものがありました。

管理人と同じように絵柄で敬遠してるなら見た方がいいですよ。
それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする