BGMが良いアニメ|個人的にオススメするアニメ6選

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

今回は管理人が個人的に気に入っているBGMが流れるアニメをまとめてみました。
まぁ、完全に感性の話で独断と偏見で選んでいます。笑

最近?ちょっと前?ぐらいからアニメのBGMって良曲が増えましたよね。
車でドライブしながら流しながら聞きたい曲なんかも結構あります。

また、アニメのシーンに良い音楽が流れるとよりグッとそのシーンに引き込まれたりするし
BGMからアニメを見始めることもあるので音楽って重要だなーとつくづく思います。

そこで、今回は管理人が聞いていて良かったBGMが良いアニメをまとめてみました。

機動戦士ガンダムUC

 U.C.(Universal Century:宇宙世紀)0001―。
宇宙移民の開始が宣言され、新たな時代が始まろうとしていた。
そんな折、改暦セレモニーが行われていた地球連邦政府首相官邸、宇宙ステーション〈ラプラス〉が爆破テロにより粉々に砕け散る。
貧困からテロに加わった青年サイアムは、〈ラプラス〉の爆発に巻き込まれ、残骸の中である物を発見する。
それは後に『ラプラスの箱』と呼ばれることになる禁忌の箱だった。

『ラプラスの箱』を開けてはならない。
それが何であるのか、知る者はほとんどいない。
『箱』の秘密は、サイアムの元で眠り続けた―。

U.C.0096―。
ラグランジュ・ポイント1に浮かぶ、建設中の工業コロニー〈インダストリアル7〉。
父を知らずに育った少年バナージ・リンクスと、〈インダストリアル7〉行きの船に密航した謎の少女が出会い、
そして、稼動試験を繰り返す白いモビルスーツ《ユニコーン》と様々な思惑が絡み出したとき、歴史(ルビ:とき)の針が動き出した。
『ラプラスの箱』をめぐる争いに巻き込まれることを、バナージはまだ知らない。

『ラプラスの箱』とは何か―。
『箱』の抱く秘密とは何か―。
今、宇宙世紀 百年の呪いが解かれようとしていた。
出典:STORY|機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

壮大なBGMで引き込まれる

機動戦士ガンダムシリーズの「ガンダムUC」。
管理人はこの作品から特にアニメのBGMや挿入歌にハマるようになりました。

<曲名>UNICORN
初めて聞いた時はアニメのBGMではないだろこれって思いました。笑
普通に音楽です。(BGMも音楽も一緒だろっていわれそうですが・・・)

管理人の中で明確な基準とかは特にないんですがアニメのBGMと一般的?な音楽って感覚的に別枠扱いをしていたんですが、
この曲でその印象が変わったというか。

もちろんこの曲だけでなくどの曲も「壮大」です。
色々なシーンでBGMが流れるんですがどのBGMもそのシーンのために作られてるんじゃないかってぐらい合ってて
物語のシーンが余計に印象に残るのでBGMって偉大だなって感じれます。

物語を彩る主題歌/挿入歌

<曲名>StarRingChild

主題歌のひとつ。
ガンダムUCはTVシリーズとOVAとあります。
管理人はOVAの方を視聴してますが、OVAで使用されてる主題歌です。

主題歌にしても挿入歌にしてもBGMと同じでそのシーンの為に用意されてるように感じるんですよね。

個人的には管理人の中でBGMが一番好きなガンダムになります。
ストーリーも最後らへんの部分で色々言われてますが管理人は普通に楽しくみれました。

宇宙世紀なので過去のガンダム作品とつながりはありますが、知らなくても楽しめます。
知ってるとあぁ~ってなるシーンもありますが。

初めての方にも見やすい作品だと思うのでBGMと合わせてどうぞ。笑

アルドノア・ゼロ

出典:dアニメストア

西暦2014年、地球と火星の戦争から15年後。火星の皇女アセイラム姫は和平を望み、地球で親善パレードを行う。姫の無事を願う地球から来た少年スレイン。一方、地球では、高校生の伊奈帆たちは戦闘用ロボット・カタフラクトの操縦訓練を受けていた。
出典:ALDNOAH.ZERO

テンションが上がるBGM

「アルドノア・ゼロ」で流れるBGMは「ガンダムUC」と同じ 澤野弘之さん が手掛けています。
こちらの方は管理人的にはテンションがあがるBGMって感じです。

・「アルドノア・ゼロ オリジナル・サウンドトラック」全曲試聴PV

色々なシーンでBGMとして流れますがどれもシーンとマッチしていて印象に残ります。

オリジナルロボットアニメーション。
火星からやってきた騎士の乗るロボットを主人公が性能で劣る機体を駆使して撃破します。
主人公がかなり切れ者なので見てて面白かったです。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

西暦2030年。情報ネットワークが進展し、犯罪が複雑化の一途を遂げる社会情勢の中、犯罪の芽を捜し出し、これを除去する攻性の組織が設立された。公安9課、通称「攻殻機動隊」。完全義体のサイボーグ、草薙素子(くさなぎもとこ)を筆頭に、彼らは自らの信ずる正義を成していく-。
出典:攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX|日本テレビ

未来感・疾走感があるBGMが多い印象

続いて攻殻機動隊Stand Alone Complex。
攻殻機動隊はシリーズ化されておりかなり作品があります。管理人はTVシリーズのこちらの作品を視聴してます。

BGMを手掛けているのは 管野よう子さん です。
世界観がSFという事で本作品の中で「電脳」という言葉が出てきますが、
「電脳」感がよく伝わってきます。笑

<曲名>
・Inner Universe
・Rise
・i do
etc・・・

どれも世界観・物語のシーンに非常にマッチしています。
管理人的には一度は聞いて欲しい曲です。

メッセージ性が結構あります

ストーリーはヒューマンドラマ?的な要素でメッセージ性が強く、事件が起きた経緯とかやり取りの中でも考えさせられるセリフもあり、
ストーリーと設定がしっかりしているので見てて飽きないと思います。

また、名言がちょくちょくありますのできっと印象に残るセリフがあると思います。
ちなみに管理人は主人公の草薙素子のセリフが好きです。

「世の中に不満があるなら自分を変えろ!!。それが嫌なら、耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ!!」

です。結構ハッとさせられますね。
まぁ、なかなか難しい所もありますが。

話数が結構あるのでゆっくり見れる時にどうぞ。

カウボーイビバップ(COWBOY BEBOP)

時は2071年。宇宙開拓時代を迎えた人類は太陽系内に生活圏を広げており、悪化する治安への対策として、指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎ、いわゆる「カウボーイ」たちが活躍している。カウボーイ稼業を営むスパイク・スピーゲルと相棒のジェット・ブラックは、古い漁船を改造したオンボロ宇宙船「ビバップ号」に乗り込んで宇宙を駆け巡っている。大物の賞金首を捕まえることもある一方、その荒っぽいやり方に巻き込んだ一般市民からの損害賠償請求も多い彼らに金銭的余裕はない。

そんなビパップ号に奔放な美女フェイ・ヴァレンタイン、天才ハッカーのエド、犬のアインが転がり込む。おのおの何かしらの事情を抱えながらも、一同はビパップ号で緩やかな絆を育み、行く先々で様々な騒動に巻き込まれる

もうひとつ 管野よう子さん つながりでご紹介。

有名な痺れるオープニング曲

この作品で流れるOP(オープニング曲)は恐らく一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか?
管理人も初めて聞いた時はこの作品の曲で使われたんだと思いました。

オープニング曲以外でもSFの世界観、若干西部劇?っぽいシーンとありますが、
BGMも結構その痺れる感じのものが多いので一度は聞いて欲しい曲です。

割と1話完結型で見やすい物語

カウボーイビバップ(COWBOY BEBOP)自体は、
結構昔の作品で映像は多少古臭く感じるかもしれませんが今見ても十分面白い作品です。

1話完結型で結構話がバラエティに富んでいるので見てて飽きないと思います。
また、キャラ1人1人が立ってるので面白いですよ。

SF的な要素、西部劇的な要素とうまい具合に表現されてますのでこちらも時間が有る時にどうぞ。

夏目友人帳

出典:dアニメストア

小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志は、祖母レイコの遺産「友人帳」を受け継ぎ、自称用心棒のニャンコ先生と共に、そこに名を縛られた妖怪たちに名を返す日々を送る。
妖と、そこに関わる人との触れ合いを通して、自分の進むべき道を模索し始めた夏目は、想いを共有できる友人たちにも助けられながら、大切な日々を守るすべを見つけていこうとする。

心が落ち着く・癒されるBGM

この作品は主人公の夏目貴志が妖怪と人間たちとの交流を描く暖かく優しい物語になるんですが、
流れるBGMは物語に合わせてとても暖かいものが多いです。

疲れてる時、ゆっくりしたい時に聞くといいですよ。

視聴できるサイトがありましたのでよければ下記よりどうぞ。
ページの下部の方に視聴リンクがあります。

参考サイト:Neowing
夏目友人帳 音楽集 おとのけの捧げもの

ストーリーは、
主人公の夏目貴志は妖怪が見えることで辛い幼少期を過ごしているのですが、その幼少期の経験があるからこそ
高校生になり、その妖怪たちと向き合うことで生まれる 暖かさ / 優しさ / 切なさ など心に響く話が多いです。

その話に見事にあうBGMばかりなのでストーリーと一緒に視聴することをおすすめします。

灰と幻想のグリムガル

出典:<公式HP>http://grimgar.com/news/

「目覚めよ」という声を受けて目を覚ましたハルヒロは、自分がどこともしれない闇の中にいること、そして名前以外の何も思い出せないことに気付く。同じ境遇の12人が揃って外に出ると、そこは赤い月が照らす地「グリムガル」であった。
途方に暮れるハルヒロたちだったが、そこに現れた案内人に誘われた「義勇兵団レッドムーン」の事務所で、人類が魔物と戦っていることを知らされる。そして、この世界で生きていくために義勇兵となってその戦いに身を投じるか、街で細々と生きるかの選択を迫られた。
決断できないハルヒロを尻目にいち早く動いたレンジは、見込みのありそうなメンバーを誘ってパーティを組み、結果としてハルヒロたちは残された者同士でパーティを組むことになってしまった。
各々が義勇兵としての職業に就き基本スキルを習得し、何とか体裁を整えたハルヒロ達はグリムガルの大地での冒険へと旅立ったが、そこには過酷な現実が待ち構えていた。

最近流行りの異世界転生ものです。
管理人がひそかに2期を期待している作品です。

MMORPGがプレイしたくなるおすすめアニメでも紹介してますが、
個人的には最近のアニメの中で一番好きなアニメです。

割と異世界での生活感を深く感じられるというか、そういう描写が多いです。
街の雰囲気やモンスターとの戦いとか。

また、この作品もストーリーの合間に流れるBGMや挿入歌がいいんですよね。

・『灰と幻想のグリムガル』エンディングテーマ「Harvest」

こちらはエンディング曲になりますが、ストーリーや描写がわかってるとより深く聞く(?)ことができるので、
作品と合わせて聞くことをおすすめします。

最後に

改めて記事を書きながら各作品のBGMを聞いてましたが、良いですね。
その作品によりハマれるというか雰囲気を味わえるというか。
まぁ、完全に個人の感性によるところが大きいのでなんともいえないと思いますが。

でもそういう好きなことをきちんと持つっていうのは大事だと実感してます。
なんやかんやでストレス社会ですからね。

愚痴はこのへんにして、気になるものがあったら作品と合わせて視聴してみて下さい。
どれか一つでも気に入るものがあればうれしいです。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする