【PC版】本格MMORPG「黒い砂漠」とはどんなゲームか個人的な感想とレビュー

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

今回はPCで遊べる本格的なMMORPG「黒い砂漠」をプレイした管理人の個人的な感想やレビューを入れつつ、「黒い砂漠」のちょっとした紹介記事を書いてみました。

最近スマホ版でのプレイが可能になっていますが、管理人はPCで遊ぶのが好きなのでPC版を遊んでの話になります。

サービス開始から4年経過していますが、今遊んでもプレイヤーはかなりいますし、基本無料とは思えないほどのクオリティの高さやその自由度はがある、がっつりとMMORPGを遊びたい人にはもってこいのゲームだと思います。

戦闘以外にも生産や貿易など遊び尽くすには時間がどれだけあっても足りないMMORPGなので、じっくり長く遊べるMMORPGを探している人にはおすすめです。

『黒い砂漠』

黒い石

動力の源として古代文明を築きあげた黒い石は一方で人工的な化学作用により古代人の精神を蝕み、文明を滅亡させたともいわれている。

カルフェオンとバレンシア王国の間に広がる砂漠に数多く存在する黒い石。

カルフェオンは黒い石が眠る地を「黒い砂漠」と呼び、資源を独占するための戦争を開始した。バレンシア王国はこの戦争によって多くの兵士が血を流したことから彼の地を「赤い砂漠」と呼ぶようになる。

資本と商業の国「カルフェオン」と絶対王政の国「バレンシア」の歴史の中であなたは古代文明に隠された秘密に迫り、失われた記憶と黒い石が放つビジョンを目の当たりにするだろう。

「黒い砂漠」をめぐる古代文明の秘められたる真実に迫る旅が今始まる—

出典:ストーリー|MMORPG 黒い砂漠|Pmang公式メンバーサイト(ゲームオン運営)

WebMoney Award 2017 BEST GAME」を受賞している大作MMORPG『黒い砂漠』

黒い砂漠 タイトル
ノンターゲティングシステムで高いアクション性のある戦闘システムや、自分だけの菜園を持ったり、労働者を使用しての生産活動や、その村や町の特産品の相場を見ながらの貿易活動など、自由度の高さが売りのMMORPGが「黒い砂漠」。

様々なコンテンツが用意されているだけあってそのシステムの複雑さに最初は戸惑うことも多いかもしれませんが、慣れてくるとそのシステムの面白みが段々とわかってくるので、そこからはハマること間違いなしです。

また、グラフィックがかなり綺麗で世界を歩き回ったり、馬に乗って走っているだけでもその景色を楽しむことができます。高いところから眺める街並みや風景は冒険している楽しさを感じることができます。

オープンワールドのMMORPGとしては個人的には完成度の高い作品じゃないかなと思います。

リアルよりのMMORPGのため、そういう世界観が好きな人にはもってこいのMMORPGです。

その分要求されるPCスペックも高いので快適に遊びたい時はそのへんは注意してください。

黒い砂漠の最大の特徴は「知識」を根幹としたシステム設計

黒い砂漠 知識イメージ
『黒い砂漠』では「知識」を探求することをシステムの根幹としていて、またメインストーリーの軸としています。

「知識」を得ることでクエストが解放されたり、素材の加工や生産などできることが増えていったり、モンスターの知識を得ることでモンスターを倒しやすくなったりと、コンテンツを遊ぶためには「知識」を取得するのが遊ぶ上でのキーポイントとなっています。

「知識」はNPCと話すことで獲得したり、素材を得ることで手に入れたり、クエストで手に入れたり、知らない場所に行くことで手に入れたりと様々なことで取得することができて、遊んでいてこの「知識」を上手くシステムに落とし込まれてるなと感じることができます。

「知識」を手に入れるために「黒い砂漠」の世界を探検したくなるんですよね。

管理人は基本的には攻略情報をみない人なので、色々なところを探したり色んなNPCに話しかけたりと探索が結構面白いです。

たまに、こんなの気付かないだろうというところで手に入ったりしますので、そういうのが楽しかったりします。

逆に言えば「知識」がないと遊び尽くすことができないので、そういうのがめんどくさい人にはちょっとデメリットに感じるところもあるかも。

「貢献度」による都市や拠点の活用

黒い砂漠 拠点・貿易イメージ
個人的に今でもあんまり理解していなかったりするシステム。

他のMMORPGではあまりないと思いますが、都市や町ごとに「貢献度」があり、プレイヤーがクエストをしてNPCの手助けすることで手に入れることができたりします。(他にも入手条件あり。)

この「貢献度」も『黒い砂漠』では重要なシステムになったりします。

「貢献度」で街や村にプレイヤーの住居を購入することができます。

また、購入した住居の役割によって倉庫を増やすことができたり、錬金場所にしたり様々な用途に活用できます。

また、貿易をする場合は拠点間を繋げる必要があり、繋げるためには「貢献度」を使う必要があります。

拠点間を繋いでいると都市間の倉庫のアイテムの移動や貿易をするときの輸送料金がちがったりするので、結構重要な要素だったりするんですよね。

一応最初のクエストでチュートリアル的なものがあるのでしっかりと覚えておくと早く楽しめるようになるかも。笑

管理人もあまりよく把握してないのであれですが、とりあえず住居を購入して倉庫を拡張しておくと色々と便利です。

詳しくは公式サイトや有識者のサイトを覗いておくといいかも。笑

クエスト解放や「知識」習得に必要な「行動力」

黒い砂漠プレイイメージ
NPCと仲良くなることで解放されるクエストや商店とかで購入できるアイテムが変化したりするのですが、NPCの親密度をあげるのに「行動力」が必要になってきます。

「行動力」を消費することで親密度を上げるための会話ができたり、NPCの特定の話を聞くのに「行動力」が必要になったりと、少し変わったことをしようとすると、この「行動力」が求められるようになります。

「行動力」はレベルがあがればその量も増えたりします。また、消費した「行動力」は時間が経過すれば回復します。

序盤のうちは中々量が少ないのでままならないところもあったりしますが、クエストをこなしながらレベルを上げていけばそんなに不自由なく遊べるようになるので、あんまり気にせず遊ぶといいかもと個人的に思ったりします。

遊んでいるうちに結構色々な都市や町を行ったりきたりするようになるので戻った時に行動力が必要なことをやればいいかなと。

ノンターゲティング式の迫力ある戦闘システム

黒い砂漠 戦闘イメージ
最近のPCのMMORPGに多いですが、『黒い砂漠』でもノンターゲティング方式の戦闘システムが採用されています。

アクション性が高いのでゲームに戦闘システムを求めている人にはおすすめできます。

2019/10/08時点で18種類の職業がありますが、職業毎に操作難易度もかなり違うので自分の好みにあった職業を選んで下さい。

管理人が遊んでみてですが、今のところモンスターもサクサクと倒せているので爽快感があります。

モンスターも場所によっては結構な数が群がってきますので、割とせわしない感じです。

クリックタイプのゲームに慣れている人には操作性に慣れるまで大変かも。笑

キーボード操作で遊んでいますが、発動させる戦闘スキルによっては指が忙しいです。

細部までこだわることができるキャラメイク

黒い砂漠 キャラ作成イメージ
結構色々なところで売りにされているキャラメイク。

確かに、体格や顔の造形など細かいところまで作り込むことができるので、キャラメイクが好きな人には面白い部分だと思うんですが、クラスごとに性別が決まっているのが個人的にはあまり嬉しくないところ。

男性・女性でそれぞれ似通ったクラスもあるので妥協することもできますが、自分が遊びたいクラスで好みの性別が選べないのは少しマイナスポイントでした。

今後のアップデートで選べるようになるのを期待。

『黒い砂漠』を遊んでみた個人的なレビュー

黒い砂漠 イメージ
色々と『黒い砂漠』の特徴やポイントみたいのを書いてみましたが、総評して面白いMMORPGです。

基本無料で遊べるものにしてはかなりレベルの高いMMORPGゲームだと思います。

それに今でも人が結構いますので賑わっていますしね。

要求されるPCスペックも高いですが、それに見合ったゲームです。

グラフィックがきれいなのもあり、個人的にはブラブラとしているだけでも旅をしている感があって良いです。

最初のうちはコンテンツの多さやシステムの複雑さに戸惑ったので時間はかかりましたが、
『黒い砂漠』の感じを掴み始めるとだんだんと面白くなりました。

基本的にソロでも遊んでいますが、特に問題なくソロでも楽しめるのも良い所。

もちろんギルドもあり、結構ギルドの勧誘なんかもあったりしますのでみんなでわいわいやりたい人も楽しめます。

1つ注意しなければいけないのはある一定以上のレベルになると常にPKができる状態になりますので、注意してください。

PKされないように特定のレベルのまま遊んでいる人もいますのでそこらへんは自分のプレイスタイルに合わせるといいです。

・世界を感じたい人
・自由度の高いMMORPGを遊びたい人

にはおすすめできるMMORPGです。

基本無料なので気になった方はぜひ遊んでみて下さい。

それでは良きMMORPGライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする