アドベンチャー(ノベル)ゲームでおすすめのものから懐かしいものまで

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

今回は個人的に遊んで面白かったアドベンチャーゲーム(サウンドノベルより)から気になっているゲーム作品を記事にまとめてみました。

時間がなかなかとれない方にはおすすめのジャンルとも言えるゲームでしょう。

基本的には文章が主体となるゲームなので、ストーリーがしっかりしてるものばかりなので大人でも楽しめると思います。

また、他のジャンルのゲームとは違い基本的には謎解きや、選択肢によってストーリーの変化や結末を楽しむのがメインになるため、文章を読むスピードにもよりますが結構1プレイ当たりの時間が短いもの多いので遊びやすいんではないかなと思います。

日頃から時間がとりづらい人にはおすすめしやすいジャンル。

ホラーなものから感動するものまで幅広いストーリーを楽しむことができるので、興味があれば遊ぶといいかも。

基本的にはこの手の作品はネタバレなしで遊ばないと面白くないのでネタバレなしで最後まで遊ぶのがおすすめ。

遊んだ後に人の感想と共感したり、考察で改めて発見することがあったりしてそれを楽しむまでがワンセットなのでそこらへんはキモに銘じといて下さい。笑

(前置き)ADV(アドベンチャー)ゲームとは

とりあえず、前置きとしてアドベンチャーゲームとはなんぞやというところから。

概要
ゲーム画面にはまず背景(普通は主人公がいる場所の光景である)があり、それに重なる形で立ち絵(プレイヤーが話しているキャラクター)が表示される。場合によっては背景と立ち絵のかわりに一枚絵が表示されることがあり、これはしばしば「イベントCG」と呼ばれる。

また、立ち絵の更に手前、画面の下20~25%ほどをメッセージウインドウが占める。メッセージウインドウは任意に消すことが出来ることが多いが、消した状態ではプレイすることは出来ず、前述したイベントCGの鑑賞的な意味合いが強い。

出典:アドベンチャーとは(アドベンチャーゲームとは)[単語記事]-ニコニコ大百科

個人的にはこんな感じがアドベンチャーゲームかなと思っています。

最初はあまり聞き慣れない言葉ですし、単語からなかなかジャンルがイメージしづらい言葉ですよね。

管理人もはじめはそうでしたが、今ではとりあえずADVゲームといえば上述の内容って記憶してます。

管理人ぐらいの世代(30代~)だとギャルゲーのイメージが強い人が多いんではないでしょうか?サウンドノベルゲームとかもジャンル的にはこちらになるのかな~と思います。

どの呼び方にせよ明確な決まりはないようなのでとりあえず、大きな括りで作品を紹介しています。

かまいたちの夜 特別篇

かまいたちの夜 ゲームイメージ

出典:かまいたちの夜 特別篇|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

タイトル かまいたちの夜 特別篇
ジャンル アドベンチャー
対応機種 PS3 / PS Vita(PS VitaTV) / PSP
・ゲームアーカイブス対応
メーカー (株)スパイク・チュンソフト

ミステリーサスペンスを楽しむホラーゲーム

個人的にアドベンチャーゲームを遊ぶきっかけになった作品。

当時高校生ぐらいの時に遊んだと思いましたが、かなりビビッて夜なかなか寝付けなくなりました。笑

とあるペンションで起こる殺人事件に主人公が出くわし、その事件の結末をプレイヤー自身で選択していくことになりますが、結末によっては衝撃的な展開もあります。

ぜひ遊んでみてその目で確かめて欲しいところです。

また、本筋の事件解決を目指すストーリー以外にも色々なストーリーが用意されています。

前半の展開までは同じで、特定の分岐から本筋と別物となるストーリーに進むことができますが、ちょっと”ムフフ”なものから、ぶっ飛んだ話まであり小ネタなんか挟んであったりして、面白いので周回プレイでそちらまで遊んで欲しいところ。

かまいたちの夜 輪廻彩声

かまいたちの夜 輪廻彩声 イメージ

出典:かまいたちの夜 輪廻彩声 |ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

タイトル かまいたちの夜 輪廻彩声
ジャンル アドベンチャー
対応機種 PS Vita(PS VitaTV)
メーカー (株)MAGES.

かまいたちの夜のリメイク作品

こちらは先ほど紹介した「かまいたちの夜」のリメイク版。

登場人物全員をビジュアライズ化とボイスを実装してサウンドノベルよりからさらにADV(アドベンチャーゲーム)に寄せてきた作品。

新規シナリオも追加されているみたいなので、今だとこちらの方が楽しめるかも。

個人的にはビジュアライズされている方がストーリーを追いやすくはなりますが、恐怖感とかが薄れないか心配なところ。

システム周りでは遊びやすくなってるとは思いますので、ゲームアーカイブスで遊ぶか、こちらの方で遊ぶかはお好みで。

オープニングムービーも追加されていますので、リメイク前の作品を遊んだ人も楽しめそう。

真かまいたちの夜 11人目の訪問者

真かまいたちの夜 11人目の訪問者 イメージ

出典:真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)PlayStation🄬3 the Best|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

タイトル 真かまいたちの夜 11人目の訪問者
ジャンル アドベンチャー
対応機種 PS3 / PS Vita
メーカー (株)スパイク・チュンソフト

新たなキャラクターと物語で描く新生『かまいたちの夜』

こちらは、元の「かまいたちの夜」のスタイルをそのままに、完全新作として作られた作品。

マルチエンディング、マルチシナリオを採用し、キャラクターとシナリオが一新されています。

さらに、新しい推理システムを採用していて情報整理をするシーンがあります。

情報の整理に成功すると推理によって導き出された選択肢を選ぶことができるようになります。

他にもマルチプレイで最大で100人で同じ事件に挑むことができたりとネットワークを使った遊び方も用意されています。

過去作品とは別で新しい要素も結構ありますので、「かまいたちの夜」が好きな人は遊んでも損はない作品かなと個人的には思います。

かまいたちの夜2 特別篇

かまいたちの夜2 特別篇 イメージ

出典:かまいたちの夜2 特別篇|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

タイトル かまいたちの夜2 特別篇
ジャンル アドベンチャー
対応機種 PS2 / PSP(ダウンロード有)
メーカー (株)スパイク・チュンソフト

『かまいたちの夜』の2作目となるサウンドノベル作品

『かまいたちの夜』の次作として発売された作品。

前作と比べるとストーリーが全体的にエグくなっています。

後個人的にはファンタジー要素が少し強めな印象。本筋の事件解決は難しいというか、わかりづらいというかちょっと理不尽なところがあったりしました。(個人的にそう思っただけかもしれませんが。)

それと、こちらの作品でも本筋のストーリーと別にマルチシナリオとなっていますがそれぞれパワーアップしています。

ピンク系のストーリーも結構生々しい表現もでてきますし、怪奇現象系のストーリーに関しては虫の気味悪さが伝わってきますし、電波系のストーリーがあったりなど、怖さや薄気味悪い話が多いです。

そういうストーリーが好物の人には結構おすすめできる作品。

PS2/PSPにしてはADVの表現もしっかりしているので、今遊んでも楽しめる作品だと思います。

弟切草 蘇生篇

弟切草 蘇生篇 イメージ

出典:弟切草 蘇生篇|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

タイトル 弟切草 蘇生篇
ジャンル アドベンチャー
対応機種 PS3 / PSVita / PSP(ゲームアーカイブス)
メーカー (株)スパイク・チュンソフト

ホラーサスペンスを楽しめるアドベンチャーゲーム

こちらはも「かまいたちの夜」と同じチュンソフトのアドベンチャーゲームで、
オカルト的な怖さを味わえる作品のため、そういうジャンルが好きな人にはおすすめ。

とある洋館の中に迷い込んだ主人公と恋人が体験する恐怖を味わってみて下さい。

本筋の最後のタイトルへの結びつきは割と綺麗にまとまっているように個人的には思いましたが、割とホラーが苦手な管理人は「かまいたちの夜」の方が合ってました。笑

こちらもストーリー分岐がありますので色々とストーリーを楽しめる作品です。

ダンガンロンパ1・2 Reload

ダンガンロンパ1・2 イメージ

出典:ダンガンロンパ1・2 Reload|SPECIAL

タイトル ダンガンロンパ1・2 Reload
ジャンル ハイスピード推理アクション
対応機種 PS4 / PS Vita(PS VitaTV)
メーカー (株)スパイク・チュンソフト

スピード推理アクションとして人気のあるシリーズ作品

ジャンル的にはアクションとかになってますが、個人的には推理ものアドベンチャーゲームに該当すると思うので紹介。

とある学園で優秀な生徒たちが集められるのですが、そこで起こされる数々のコロシアイと謎を解いていくストーリー。

学園ものということで”学級裁判”で事件を解決していくのですが、その時にリズムゲームや制限時間内に特定の操作をしなければいけないアクションの部分があります。

色々と救済策はあるのでリズムゲームというかでアクションっぽいのが苦手な人でも安心して楽しめるようになっています。

結構ぶっ飛んだ設定がチラホラありますが、その設定を上手にストーリーに落とし込んでいるので面白いです。

コロシアイをさせる黒幕の謎に段々と迫っていくストーリーは続きが気になりすぎて管理人は寝不足になりながら遊んでいました。笑

こちらもネタバレなしでぜひ遊んで頂きたい作品。

Doki Doki Literature Club!

Doki Doki Literature Club! イメージ

タイトル Doki Doki Literature Club!
ジャンル アドベンチャー
対応機種 PC(Steamで確認する)
メーカー Team Salvato

絵柄や雰囲気からは想像できない衝撃展開

こちらは最近遊んだアドベンチャーゲーム。

Steamで無料で遊べます。ということでぜひ遊んでみて下さい。

無料でこのクオリティのゲームを遊ばないのは割と損かなと個人的には思います。

あまりネタバレ的なことは言いたくないのであれなんですが、かなり小ネタを挟んでいたりプレイヤー自身を巻き込むシステム的な発想には驚かされました。

1周のプレイ時間も数時間で遊ぶことができるためサクサク遊べるのもいいところ。

過激な表現というかきつい表現のところもあるため遊ぶ時は心して遊んでみて下さい。

⇒Steamへ

Fate/stay night [Realta Nua] (フェイト/ステイナイト [レアルタ・ヌア])

Fate/Stay night[Realta Nua] イメージ

出典:PS VITAソフト「Fate/stay night[Realta Nua]公式サイト

タイトル Fate/stay night [Realta Nua]
ジャンル 伝奇活劇ビジュアルノベル
対応機種 PS Vita(ダウンロード有)
メーカー TYPE MOON / 角川ゲームス

アニメ・ゲームと色々と展開されている有名どころな作品

管理人はアニメから入った人で面白かったのとゲームの方ではマルチエンディングとなっているため、他のシナリオもみたいと思い遊んでみました。

元々は18禁のゲームですが、ピンク要素を省いたのがこちらの作品。

ストーリーがしっかりしているので、知らない人でも楽しめます。

また、マルチエンディングでアニメ化されているセイバールートや凛ルートの他に桜ルートもありますので、
管理人みたいにアニメから入った人やこの作品を知らない人でも楽しみながら遊べます。

結構読み応えというか、ボイスもあるため割とがっつり遊べるアドベンチャーゲームなので、腰を据えて遊びたい方にはおすすめ。

Ever17 -the out of infinity-

Ever17 ~the out of infinity~ Premium Edition イメージ

出典:Ever17 ~the out of infinity~ Premium Edition|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

タイトル Ever17 -the out of infinity-
ジャンル 恋愛アドベンチャー
対応機種 PS2 / PSP
メーカー (株)サイバーフロント

ノベルゲーとして普通に面白い作品

友人に借りて遊んだノベルゲーム。

最初はあんまり期待せずにギャルゲーかなぐらいのノリで遊びましたが、最後にはいい意味で期待を裏切られた作品。

恋愛アドベンチャーゲームとしては個人的に評価の高い作品です。

色々と他の評価では最後のエンディングに行くまでは中だるみがあるみたいな評価が多かったですが、個人的には全てのルートクリアまで普通に楽しめました。笑

最終エンディングを見るためには周回プレイが前提になるため、そのへんのところが割と言われているみたいですが、伏線の回収などが秀逸なため最終エンディングまでぜひ遊んで欲しいところ。

最後まで遊べばきっとその中だるみの部分も含めて評価が覆るはず。笑

以前まではPSVitaでダウンロードして遊べたみたいですが、今はサイバーフロントが解散してダウンロードできない状況なので、PSPかPS2でソフトを購入して遊ぶしかないのが少し難点な所。
PSP版だと繰り返しプレイがしやすいためそちらで遊ぶことを推奨します。

CLANNAD(クラナド)

CLANNAD(クラナド)ゲームイメージ

出典:ゲームソフト|CLANNAD|プレイステーション

タイトル CLANNAD(クラナド)
ジャンル 恋愛アドベンチャー
対応機種 PC / PS4 / PS3 / PSVita / PS2 / PSP / スマホ
メーカー Key

恋愛アドベンチャーの名作ゲーム

アニメでも有名な作品の「CLANNAD]。

恋愛アドベンチャーものとしてはかなり有名な作品のため、1度は遊んでおくといいかも。

「CLLANNADは人生」と言われるぐらいの作品です。

密度の濃いシナリオやほとんどのキャラに個別ルートが用意されていたりするため、こちらの作品もがっつりと遊ぶことができます。

分岐が多く存在し、分岐によって各キャラのセリフが変わったりとするため全てのセリフを見るのはファンでも難しい作品みたいです。

どのルートも感動するものばかりなので、泣きたい時や疲れた時に遊ぶと良いゲームかもしれません。笑

また、人気作品のため対応機種もかなりありますので遊びやすいというのも良い点です。

今だと絵柄が若干古臭くはありますがそのストーリーに関する評価の高さで今も多くの人に好かれている恋愛アドベンチャー作品を堪能してみて下さい。

ライフ イズ ストレンジ(Life is Strange)

『Life is Strange』 はプレイヤーの選択によって物語の内容が変化するアドベンチャーゲームです。

主人公は、オレゴン州の田舎町にある高校で写真を学ぶマックス。突然、時間を巻き戻す力を手に入れた彼女は、5年ぶりに再会した親友のクロエとともに、女子生徒レイチェル・アンバーの失踪事件を調べ始めます。

出典:Life is Strange|SQUARE ENIX

高い評価を受けているアドベンチャーゲーム

最近結構色々なところで高い評価を受けているアドベンチャーゲーム。

ストーリーの評価が高く、管理人はまだ遊んだことはありませんが気になっている作品。

近々購入して遊んでみたいなと思っています。

少々調べたところ、主人公のマックスが時間を巻き戻す力を手に入れ、その力を使って事件の真相に迫っていく物語らしいですが、かなりの方が良い意味で期待を裏切られている様子。

また選択肢もかなり多そうで色々と展開が変わってくるみたいなので面白そうです。

ゲーム作品関係の賞もかなり受賞していますのでアドベンチャーゲーム好きな人は遊んだ方が良いかもしれません。

最後に

いかがでしたか?個人的に遊んで面白いと思ったアドベンチャーゲームやサウンドノベルゲームから個人的におすすめのものから気になるものまで紹介しましたが、どれか1つでも遊んでみたいなと思えるものがあったら幸いです。

全体的に懐かしい作品が多いとは思いますが、こういった手のゲームはストーリーがメインになっているので、古臭くても問題なく遊べるのが魅力的なジャンルかなと。

映画みたいなゲームでも紹介していますが、アドベンチャーゲームって前置きで書いた以上に結構広いゲーム作品があてはまるんですよね。

⇒映画みたいなゲームでオススメのものから気になるものまで

こちらで紹介している作品も広い意味で「アドベンチャーゲーム」になるみたいなのでよければどうぞ。

それではよきゲームライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする