赫奕たる異端[装甲騎兵ボトムズ]の感想【アニメ】

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

仕事でとっさの対応などがどーも苦手でつくづくサラリーマンむいてないなーと実感する日々です。

コミュ障にはつらい(笑)

さてそんなことはさておき、TVシリーズに引き続いて、

ボトムズ派生作品の「赫奕たる異端(かくやくたるいたん)」をみました。

初見で かくやくたるいたん ってよめます?

ネットでしらべないと私は読めませんでした。笑

まずTVシリーズと見比べて驚いたこと。

絵が奇麗。

まぁ当然ちゃ当然なんですけど全体的にTV版と比べて画質があがっています。時代の流れをかんじます。笑

ATの描写が特にかっこよくなりました。

戦闘シーンもより迫力が増しています。

キリコ無双のシーンとかより兵器感がでていて見ていて、ATが輝いて見えました。

(以下ネタばれ注意)

話は全5話でさくっとみれるので、手軽な感じでおすすめできます。

話はTV版の最終話から32年後の話になります。

偶然二人のコールドスリープがとかれてから話はすすみます。

ストーリーは個人的には面白かったかな。

フィアナが最後を遂げるのが衝撃でした。

そもそもTV版からだと、キリコとフィアナの関係に焦点をあたっている状態でずっと二人を見ているのでここでフィアナとさよならするとは・・・

本当かどうかわかりませんが、制作当時は続編はつくらない方針でいたとかなんとかで、

それを考えるとクライマックスにフィアナと別れる展開はまぁ確かに考えられるな~とあとで調べてて思いました。

ただ敵役で登場するティタニアにいきなりキリコをたくそうするフィアナに少しどーよと思いつつフィアナとさよならした後のティタニアのキリコを愛する決意もいきなりすぎてみてて若干とまどいはありました。

でもOVAで考えると展開的にはキレイにまとまってるんじゃないかな~と思います。

個人的にはATもかっこよく描かれていたし満足しましたが。笑

ボトムズの派生作品は色々でているのでこれを機に全部見てみようと思いました。

次はなにみるか今考えてます。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする