デスマーチからはじまる異世界狂想曲のアニメを見た個人的な感想・評価とレビュー

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

今回は異世界転生アニメの「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」を見てみた個人的な感想やレビュー記事です。

それと気になったので原作や漫画版についてもまとめてみました。

アニメだけだと評価が分かれるところですが、他の漫画や小説を知っているのと知らないとでこの作品の評価が変わってくると思いますので、
こちらの記事ではそのへんのことも含めて書いてます。

TVアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」


◆全12話

スマーチ真っ最中のプログラマー“サトゥー”こと鈴木一郎。仮眠を取っていたはずが、気が付くと異世界に…!?

視界の端には、仮眠前に作っていたゲームを思わせるメニュー画面。

レベル1の初期状態。ただし初心者救済策として実装したばかりの「全マップ探査」とマップ殲滅ボム「流星雨」×3付。目の前には蜥蜴人の大軍が!

助かるために「流星雨」を使用したサトゥーは、その結果レベルが310となり莫大な財宝を手に入れる―。

夢か現か、ここにサトゥーの旅が始まる!

出典:TVアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」

異世界旅行記として楽しめるアニメ

TVアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 イメージ

出典:TVアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」

異世界の観光をメインとしてみれば、安定して見れるアニメ。

最近の異世界転生もののような派手さはなく、異世界での日常生活を楽しむ感じがメインのため、ほのぼのとしています。

バトルもありますが、全体的に少なめでバトル自体も割とあっさりと終わってしまうので個人的には少し盛り上がりに掛ける印象。

主人公がプログラマーだったこともあってか考察をすることが多く、食事や魔法の研究、モンスターの分析・スキルの使い方など色々と考察をするシーンがあるため、その考察を楽しめるかどうかで結構アニメの印象が変わってくるような気がします。

また、ストーリーの途中で異世界で元々奴隷となっていた女の子たちを仲間にしていきますが、まさにハーレム状態。

多少問題には巻き込まれるものの女の子たちと異世界で起きることを解決しながらまったりと過ごしていく様子が楽しめます。

日常系アニメとしてみればまったりと見れる楽しさがあります。

MMORPGゲームに似た世界を舞台にした異世界

デスマーチからはじまる異世界狂想曲イメージ

出典:TVアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」

「デスマーチから始まる異世界狂想曲」では主人公の鈴木一郎が転生前にプログラムをしていたゲームに似た世界に突然行くことになるのですが、ゲームの設定がちょくちょくストーリーに絡めて出てくるのでゲームが好きな人には結構楽しめる点がある作品かなと。

画面にゲーム特有のメニューウィンドウみたいなものが視覚化されていたり、スキルのウィンドウで特定のスキルポイントを振ったりするシーンなんかあります。

他にも自分に何が起きているかを表示するウィンドウなんかも出てきたり、称号の話だったりMMORPGを遊んだことがある人なら割と馴染みあるものが登場しますので、作品としてゲーム好きな人は結構とっつきやすいと思います。

ただ残念なのが、ウィンドウの表示というか文字が小さすぎるんですよね。

よっぽど大画面でみるか、一時停止してじっくり見ないと何が書かれているか正直わかりません。

まぁ、恐らくはそれほど重要ではないからあまり意図せず見せようとはしてないかもしれません。

一応、重要というかポイントとなる単語は気持ち大きく見せてくれますのでストーリー上何をしていたかわからなくなるということはありません。

魔法やサトゥーが使用する武器の一つである魔法銃など割とロマンある設定も登場しますので、ゲーム要素として楽しく見れる部分もあります。

「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」アニメの総評

デスマーチからはじまる異世界狂想曲イメージ

出典:TVアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」

最初にも少し書いてますが個人的には色々とおしいなという感じ。

個人的には好きな要素が結構詰まっている作品なんですが、説明が足りないのかあっさりしすぎているのか見ていて盛り上がりにかけました。

アニメとしては俺TUEE系になりますが、サトゥーがひたすら自分が強いことを隠しながら問題を解決していくストーリーなので、もう少し戦闘シーンなんかで派手な演出もあってよかったんじゃないかなと。

ただまぁ、異世界での日常をメインとして考えるとなんか地味に見たくなるんですよね。

迷宮脱出時のリザとかポチとかたまのレベル上げの考察だったり、異世界の食事での考察だったり、魔法やストレージの考察だったり、
細部への考察が面白かったのでなんかふとした時に部分的にみてしまうことがあります。笑

気になる方は期待値を下げてまったり視聴するといいかも。

デスマーチからはじまる異世界狂想曲の漫画

評価の高い漫画「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」

アニメの評判を見ていて詳細な説明とかがハブられている点が上がっていて気になったので調べてみました。

ついつい読んでしまったのですが、漫画の方が面白いです。

考察やその時の説明がきちんと書いてあり、そのシーンの状況がしっかりとわかりますのでアニメの時のようなあっさり感をあまり感じません。

後漫画の方が絵が綺麗です。笑

アニメから「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」を知った人は漫画版を読むとアニメで見たシーンの補完ができるので、作品の評価が変わると思うのでおすすめ。

現在は8巻まで出版されています。(2019年3月9日発売)

アニメの続きから見たい場合は7巻から読み始めることをおすすめします。

最初は情報量の多さに戸惑うかもしれませんが、どちらかというとこの情報量の多さがこの作品の魅力な気がします。笑

サトゥーの考察を楽しめた人なら読んで損はないと思いますので気になる方はぜひ読んでみて下さい。

今なら色々なサービスで試し読みもできるのでそちらで確認してからでもいいかも。

ebookjapanで「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」を試し読み

個人的に利用しているサービスの「ebookjapan」

こちらで「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の漫画の試し読みができるのでよければ下記リンクからどうぞ。




国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

無料で1巻だけ漫画読めたりしたり、漫画を割安で買えるクーポンを結構もらえますので、電子書籍で読む人にはお得なサービスじゃないかなと思います。

購入した電子書籍はスマホやパソコンにダウンロードできるので、通信を気にせずに読めます。

会員登録自体は無料なので登録してどんな感じか試してみるのもいいかもしれません。

小説での「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」

原作は「小説家になろう」の作品(以下Web版)ですが、書籍での販売もされています。

管理人は原作は未読ですが、書籍での評価も高い作品です。

アニメや漫画化されるぐらいなので人気があるのは当然といえば当然ですが。

Web版と書籍でストーリーに大きな違いはなく、ある程度読みやすいように加筆・修正がある程度の違いみたいです。

考察を楽しめる作品なので文字がメインとなる小説の方も面白いかもしれません。

個人的には絵が欲しい人なので漫画を推しますが。笑

書籍での発売は、現在16巻まで出ています。(2019年3月9日発売)

物語自体はかなり先まで進んでいるので「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」のストーリーを追いかけたい人は小説での購入がおすすめ。

アニメの内容から考えると続きは3巻か4巻あたりからになりそうです。

興味があればこちらもebookjapanで試し読みができます。

最後に

アニメからこの作品に入りましたが、のんびりとした楽しさを求めるならありな作品だと思います。

アニメだけではなく、漫画や小説なども見てからだと評価が変わりそうな作品なので管理人と同じようにアニメから入った人にはぜひ、他のメディアにもふれてもらいたいところ。

色々と楽しめる作品をこれからも増やしていきたいですね。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする