夏目友人帳の感想|優しい気持ちになれるアニメ

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

ストレス社会で疲れてませんか?
心が疲れている時(もちろんそれ以外の時もですが)にみると心が温まる作品をご紹介。

夏目友人帳

あらすじ

小さな頃から、妖怪といわれるものの類を見ることができ、そのため周囲から疎まれてきた夏目貴志。ある日、妖から追われ逃げ込んだ神社で、招き猫の姿をした妖に出会う。
「斑」という名のその妖から、妖たちは夏目を祖母のレイコと勘違いしていること、名前を返してもらいたがっていることを聞く。レイコの遺品の中にあった「友人帳」という名の綴り、それは、夏目と同じように妖を見ることができたため人間から疎まれたレイコが、その寂しさから、妖たちを隷属させる証として名前を書かせたものであった――。~夏目友人帳(1期) 第1話(公式HP)より~

管理人がおすすめするところ

優しい気持ちになれるエピソードばかり

全話といっても過言ではないぐらい。
月並みだけどどの話も良い話ばかり。

幼い頃から妖怪が見えるせいで周りからは疎まれ理解されずに高校生になった主人公がある日1匹の妖怪と出会うとこから話は始ります。

主人公の祖母、夏目礼子が持つ「夏目友人帳」は妖怪の名前を管理する手帳で、その手帳に名前があると手帳の持ち主の命令には逆らえないというもの。

その手帳を主人公である夏目貴志が受け継ぐのですが、主人公は夏目友人帳
その名前を妖怪達に返していくのが話の大筋なんですが、名前を返す時の礼子と妖怪のエピソードや妖怪と妖怪に関わる人とのエピソードはどれもグッとくる話が多いです。

段々主人公が周りの人たち、養父や養母、学校の友達と打ち解けていくんですが、
その過程で間に入る主人公の過去の話なんかを交えたエピソードはうるっときます。笑

見ていて優しい気持ちになれますね。
大体1話完結型の話なんですが、そのどれもが良い話ばかりです。
今ではシリーズは6まで出てるみたいです。
管理人はまだシリーズ4までしかみてませんのでこれから続きを見ていこうと思ってます。

またBGMも素晴らしい。
ずっと聞いていたくなるようなBGMばかりです。作業用としても優秀です。笑
エピソードの途中で流れてくると相乗効果じゃないですが心に響くものがあるので、疲れた時にみるといいかもしれません。

エピソードとBGMできっと優しい気持ちになれると思います。
管理人も色々アニメをみていますが、ここまでまったり見れるアニメも中々珍しいと思います。

ストレス社会で疲れている方、癒されたい方は一度見てみるといいかもしれません。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする