中古でも楽しめる!PS3でおすすめの名作ゲーム|ライトゲーマー向け

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

今回は管理人がプレイしたPS3のおすすめのゲームで名作と評判の高いソフトを個人的に遊んだ感想も入れつつ紹介しています。

っといってもPS3自体購入してからなかなか遊べておらず、まだそこまで多くのソフトをプレイしてませんが。汗

割と有名どころの作品ばかりなのでコアなゲーマーな方よりもライトゲーマーな方向けな記事になります。

PS3も販売されてからかなりの年数が経過していますが、名作と呼ばれるゲームソフトやおすすめされるゲームソフトは、今遊んでも充分面白く遊べるんですよね。

今では中古でかなりお手頃な値段で購入できるのでコスパよく遊ぶには良いかなと思います。

PS3をもっているけどあまり遊べてない方、これからPS3で遊び始めようと思っている方に個人的に遊んでみて欲しいソフトを紹介します。

レッド・デッド・リデンプション

1910年以降のアメリカ合衆国南部とメキシコを舞台としたアクションゲーム(物語終盤では1914年以降を舞台としており、ゲーム内の新聞ではヨーロッパで戦争が始まった事などが報じられている)。

元義賊の主人公、ジョン・マーストン (John Marston) となってこの世界を生き抜いていく。

出典:レッド・デッド・リデンプション – Wikipedia

◆ジャンル
・アクションアドベンチャーゲーム
◆プラットフォーム
・PlayStation 3
・Xbox One/360

西部劇を体験できるガンマンオープンワールド

出典:Features:The Frontier|Rockstar Games Presents:Red Dead Redemption

PS3の名作でよく上げられる作品。今だとPS4で本作の続編もでています。

「アウトローを貫け-。」のキャッチコピー通り”無法者”のガンマンとしてアメリカとメキシコを駆けまわりながら、時代に取り残されつつある人々の生き様を体験できます。

主人公のジョン・マーストンが渋い。

メインストーリーの進み方が映画みたいな構成になっており、個人的にはストーリーを楽しみながらクリアできました。ストーリー最終盤の展開は個人的には特に熱い。

ガンマンとか西部劇が好きな人なら遊んでみて欲しいところ。

アクションが苦手な人は、操作に慣れるまでは少し難しいところもあるかも知れません。
割とリトライを繰り返すことになると思います。笑

一応救済策として色々と難易度が調整できるよう、プレイ中に設定ができるシステムもあるので、そのあたりを上手く活用していくと自分に合わせて遊ぶことができるのも良いポイント。

時代背景が丁度近代化に差し掛かっていくところであり、全体的に未開拓の地が舞台になるので移動中は荒野を駆け抜けることが多いですが、移動中も結構イベントがありプレイヤーが移動で退屈しないように考えられています。

また、メインストーリーだけでなくサブクエストも豊富で、あっさりしてるものから中々感慨深いものまであります。

プレイヤーの想像に任せられる部分もあるので、そういうのが好きな人は楽しめるのではないかなと思います。

他にも狩りや採集などコンテンツがかなりありますので、全てを遊ぼうと思うとかなり長い時間遊べるので、世界観が好きな人にはおすすめできる作品。

感想記事も書いているので良ければどうぞ。

レッド・デッド・リデンプション|感想とレビュー

Fallout3(フォールアウト3)


◆ジャンル
・アクションロールプレイングゲーム
◆プラットフォーム
・PlayStation 3
・Xbox One/360
・PC(Microsoft Windows)

世紀末感を楽しむオープンワールドゲーム

出典:Fallout76|Fallout3

核によって荒廃した近未来の世界を探索できるオープンワールド型ゲーム。
少し表現がキツイところもあるのでぐろいのが苦手な人は注意。

北斗でお馴染みの某有名漫画の世界観を感じられます。

至るところでヒャッハーな人達やミュータントやグールといった生物を相手にしながら、荒廃した世界を歩き回ることができます。

荒廃した世界では建物や廃墟、洞窟に落ちているガラクタが貴重品になります。
ガラクタをこの世界の通貨となる「キャップ」と交換して食べ物や医薬品、武器・弾薬を整備しながら世界を探索することになります。

世界観が好きな人にはじっくり長く遊べるPS3のソフトではないかなと思います。

サブクエストが豊富にあり、クエスト中に行動を選択することができるものが多く悪人になりきることもできますし、善人としてクエストを進めることもできます。他にもプレイヤーのスキルに応じてクエストクリアの方法を変えることができたりといった自由度もあります。

メインストーリーもあります。
こちらは特に善人・悪人などの選択はできませんが、中盤~終盤以降”SF”感を楽しむことができるのでそういうのが好きな人には割といいかも。

ゲーム性ですが、FPS/TPS形式のどちらかで遊べます。
また苦手な人のための救済策として「V.A.T.S」とよばれるシステムで一時的に戦闘を止めて、攻撃する部分を選ぶことができたりしますのでFPS/TPS形式が苦手な人でも遊べるようになっています。

管理人はPS3で「フォールアウト3」を遊びましたが、こちらのソフトはPC版もあります。

PC版の方は”Mod”といわれるゲームをある程度編集しながら追加要素を楽しむことできるため、そんな遊び方がしたい方はPC版ソフトの購入をおすすめします。

PS3版でも充分楽しめますけどね。名作との評判も高いので中古で購入しても充分お釣りがくるソフトです。

個人的な感想を含めた記事も書いてますのであわせてどうぞ。
Fallout3(フォールアウト3)|感想とレビュー

ラスト・オブ・アス(THE LAST OF US)

一人の男と一人の少女。
行きつく果てに、希望はあるのか。

舞台はアメリカ。
謎の寄生菌によって人類は絶滅の危機に瀕していた。

寄生菌の爆発的な感染により人口は激減し、都市は荒廃した。
二十年もの間打ち捨てられていた都市は少しずつ植物に覆われはじめている。

隔離された街から一歩外に出ると、いたるところで寄生菌に侵された“インフェクテッド(感染者)”たちが蠢(うごめ)いている。
彼らの形状は感染の進行度合いによって異なるが、心と体を寄生菌に奪われた彼らの目的はただ一つ、生存者を攻撃して感染を広げることだけだ。

インフェクテッド(感染者)と生存者。
この世界で生きること。
それはこの2つの脅威と常に戦うことを意味している。
出典:STORY|GAME|The Last Of Us|プレイステーション® オフィシャルサイト

■ジャンル
・サバイバルアクション
■対応機器情報
・PS4
・PS3

名作と呼ばれるのに納得のストーリーとゲーム性

ラストオブアスイメージ

出典:IMAGE|IMAGE & MOVIE|Last of Us|プレイステーション®オフィシャルサイト

PS3の名作ではずせないといえばこちらの「ラスト・オブ・アス」。

色々なところで評価が高い作品ですが、遊んでみると評価が高い理由が納得できるゲームソフト。

1人の男と1人の少女がゾンビが蔓延る荒廃した世界で出会い、ある目的のために共に行動しますが、その展開に最後まで目が離せないというかまるで1つの名映画を見ているような気分になりました。

できれば、ネタバレなしで最初から最後まであそんでもらいたいところ。

PS4版でも販売されていますが、グラフィックに関してはPS3でも充分綺麗な画質なためそのへんはお好みで。PS3だと中古とかを考慮するとコスパ的にはいいかもしれません。

少しグロテスクなシーンなんかもありますのでそこらへんが苦手な人はご注意を。

アクション部分はTPSになりますが、普通にやり応えがあります。
考えて行動していかないとあっという間に敵にやられてゲームオーバーになったりします。

ステルス要素があり、で結構スリルというか恐怖感を味わえます。

サバイバルアクションだけあってゲームとして遊んでみても充分面白いので、
個人的にはこの作品はゲーム好きな人も映画とかストーリーが好きな人には遊んでもらいたいゲームソフト。

個人的な感想を含めた記事も書いてますのであわせてどうぞ。
⇒ラスト・オブ・アス(THE LAST OF US)|個人的にオススメの映画ゲーム

The Elder Scrolls|Skyrim(スカイリム)

タムリエルに君臨していた帝国は、いま窮地に立たされている。

スカイリムの王は殺され、王位継承の為の同盟が形成された。内紛がおこる最中、太古の邪悪なるものが更なる脅威をもたらそうとしている。

永くElder Scrollsに綴られることの無かったドラゴンがタムリエルの地に姿を現した。

Skyrimの未来は唯一ドラゴンに立ち向かう事の出来る”ドラゴンボーン -声の力を持つ者-”が現れるという予言を待ち望みながら生死の淵を彷徨っていた……

出典:The Elder Scrolls|Skyrim 公式サイト

◆ジャンル
◆ジャンル
・アクションロールプレイングゲーム
◆プラットフォーム
・PlayStation 3/4
・Xbox One/360
・PC(Microsoft Windows)
・Nintendo Switch

オープンワールドゲームの代名詞とも言える名作ゲームソフト

2011年に発売され世界中で大ヒットした作品。

今でもMod(ゲームにちょっとしたプラス機能をつけたりするもの)の作成が公式・非公式問わずつくられていて、盛り上がっているぐらいの名作ゲームソフトです。

PS3ソフトのおすすめの名作でもありますが、PC版の方もおすすめしたいソフト。

今でこそたくさんのオープンワールドゲームがありますが、そのオープンワールドゲームに大きな影響を与えた作品なのではないかなと思います。

もう一つの世界がそこにはあるというか、中世風の世界を旅することができます。

ドラゴンが普通にフィールドを飛んできて襲われたり、探索していたらオークの住処に迷い込んだりとファンタジー要素もありますので、世界観にハマッてしまえばかなり長いこと遊べること間違いなし。

購入するならフルコンテンツの入ったソフトにするのがいいです。
中古でお手頃な値段で購入できますし。

PS3版の方でも充分楽しめますが、こちらは多少の知識は必要ですがModを入れて遊ぶとより楽しく遊べますのでPC版での購入も検討するといいかなと思います。

キャラを美人化したり、ストーリーを追加したり、体温調整を必要とするシステムにしたりなど、ちょっとしたオプションから、システム部分まで変えながら遊ぶことができます。

ユーザーが有志で作成している非公式のものから、ベセスダ・ソフトワークスが提供している公式のものまでたくさんのModがありますので、自分好みにゲーム自体を調整できるというのが魅力のうちの1つだと思います。(導入する時は自己責任ですが…)

ニーア レプリカント


◆ジャンル
・アクションロールプレイングゲーム
◆プラットフォーム
・PlayStation3

ストーリーと演出でみせるアクションRPGゲーム

ニーア レプリカント イメージ3

出典:ニーア ゲジュタルト|ニーア レプリカント System

続編となる「ニーア オートマタ」へとつながるゲーム。

ストーリーを求めている人には割とおすすめの作品。

周回プレイを前提としたストーリーで、最低でも4周は必要になります。
4周必要になりますが、1周あたりのプレイ時間はそこまでなのでプレイ時間を気にする方も億劫になる必要はないかなと思います。

周回する度にストーリーの真相に迫っていき、また、主人公の立場だけでなく敵として登場する魔物視点の話も入ります。

これがまた全体的に悲劇や哀愁感のあるストーリーとそれをみせるための演出が良いので引き込まれるんですよね。

個人的には名作だと思います。

それとBGMも良くフィールドで流れるBGMやサブクエストで聴ける歌なんかはぜひ遊びながら聞いて欲しいところ。

アクションRPGとしては苦手な人でも遊びやすいようになっているのでアクション苦手だよという人でもそこまで心配する必要はないかなと思います。

個別に記事も書いていますのでよければどうぞ。
⇒ニーア レプリカント(Nier RepliCant)|感想とレビュー

デモンズソウル

デモンズソウル

出典:Demon’s Souls|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

◆ジャンル
・アクションRPG
◆プラットフォーム
・PlayStation3

シビアな難易度の名作アクションRPG

デモンズソウル

出典:Demon’s Souls|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

かなりシビアなアクションRPGのゲーム。

そのダークな雰囲気とすぐゲームオーバーになってしまう難易度から”死に覚えゲー”として有名です。

またこの作品の続編でもあるダークソウルシリーズの元となった作品。

管理人もアクション系は割と苦手な部類ですが、何度も挑戦し挫折を繰り返しようやくクリアしたときの達成感はひとしおの思いでした。笑

序盤の内は1ステージクリアするのにかなり苦労すると思いますが、敵が出現する場所、戦い方、戦闘をさける方法なんかを覚えてくるとだんだんと、
その楽しさにハマってくると思います。

ストーリーもありますが、どちらかといえばユーザーに考察を促すようなところもありますので、マップの雰囲気などを味わうのが好きな方にはいいかも。

アクションRPGの名作として評価も高いので、アクション系が好きな人は一度遊ぶことをおすすめします。

趣向があえば、続編となるダークソウルシリーズに手を出していくのおすすめです。

最後に

有名どころのゲームばかりですが、まだ遊んだことのない人は一度遊んでおくといいかもしれません。

1度その世界や魅力にはまってしまえば長く遊べるゲームソフトばかりだと思います。

最近のゲームに慣れすぎてると少し古臭く感じる部分もあるかもしれませんが。汗

中古などでコスパよく遊びたい人、PS3で何か遊ぶものを探している方、
気になるものがあれば一度手にとって遊んでみて下さい。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする