エルダー・スクロールズ・オンライン|ソロでも楽しめるMMORPG

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

最近、当ブログに「エルダー・スクロールズ・オンライン」に関連するキーワードでたどり着いている方がいるみたいなのでちょっと記事にしてみました。

管理人が実際に遊んでみて感じたことやゲームの基本的なところに触れて書いています。

管理人はあまり攻略サイトを見ないようにして遊んでいるので詳細な攻略情報が欲しい方はWikiサイトなんかを見るといいかもしれません。

基本的に管理人は、のんびりとその世界を楽しみたいというかきままに遊ぶタイプです。まぁ、その分時間は掛かりますけどね。笑

また、ソロプレイでボチボチと遊んでみての感想ですので参考程度によければ読んでみて下さい。

エルダー・スクロールズ・オンライン


◆ジャンル
・オンラインロールプレイングゲーム
◆対応機種
・Windows:7 64bit以上
・Mac:OS High Sierra 10.13以降

エルダー・スクロールズ・オンラインとは

出典:壁紙-TESO/ESO~エルダー・スクロールズ・オンライン~DMM GAMES

タムリエル大陸を舞台に、エルダー・スクロール<星霜の書>と呼ばれる予言書を巡る壮大なドラマを綴ってきた“エルダー・スクロール”シリーズ。その最新作にして初のオンライン作品となるのが、エルダー・スクロールズ・オンラインである。

日本でも好評を博したシリーズ第四作目「オブリビオン」はタムリエルの歴史上、第三紀433年に起きた事件を中心にしており、第五作目「スカイリム」はその約200年後、第四紀201年のスカイリム地方を舞台にした話となっている。

エルダー・スクロールズ・オンラインでは、シリーズ中で最も古い時代となる第二紀582年に起きた大陸全土を巻き込む大戦争を軸に、様々なキャラクター達が織りなす物語を体験できる。

邪神の侵攻により空位となった帝国の玉座を巡り、タムリエルの人々は三つの勢力に分かれて争いを繰り広げている。

戦渦に飛び込み武勲を上げて皇帝を目指すか、帝国崩壊の真実を巡って邪神と戦う道を選ぶか、全ては貴方の手に委ねられている。

出典:世界観 – TESO/ESO~エルダー・スクロールズ・オンライン~ DMM GAMES

開発元は「Bethesda Softworks」など数社によって手掛けられた”エルダー・スクロール”シリーズ初となるオンラインゲームです。

「オブリビオン」や「スカイリム」は遊んだことがない人でも名前ぐらいは聞いたことがあるんではないでしょうか?

今でもかなり遊ばれている名作として評価が高い作品で、その次作として販売されたのが「エルダー・スクロールズ・オンライン」です。

“エルダー・スクロール”シリーズの世界観の中では一番古い時代を舞台にした物語が用意されています。

英語版 / 日本語版とあり、管理人は日本語版の方で遊んでいますので基本的に記事の内容は日本語版での話になります。

日本語版で遊ぶ場合はDMM運営になりますのでそちらより登録して遊ぶことになります。
⇒Elder Scrolls Online – DMM GAMESへ

日本語版ですが、多少愛嬌のある翻訳が多いのでたまに「?」となることもありますが、話がまったくわからないといったことはなく遊べています。

ある程度、単語や世界観は事前に公式サイトなんかで確認しておくとNPCとの会話がスムーズに理解できるかもしれません。笑

また、オンライン仕様でたくさんの人と同じ舞台を冒険することができますが、海外サーバー1つしかないため基本的には外国の方が多くいます。

同じ日本の方と遊びたい場合は友人と遊ぶか、掲示板を利用して日本人のギルドに入ると良いと思います。

オープンワールド型のゲームとなり、広大なフィールド、たくさんのダンジョン、遊びきれないクエストがあります。

ゲームの世界を探索するのが好きな方、冒険するのが好きな方にはおすすめできる作品です。

ゲーム設計自体がソロプレイ向けに作られているのでソロプレイでも安心して遊ぶことができます。世界観にハマれば長く遊べる作品です。

遊ぶための利用料金に関して

最初は必ずパッケージを購入する必要があります。

パッケージにも種類がありますので遊ぶ場合はお好みで選んで下さい。

基本的なゲーム部分のベースパッケージや、今だと追加コンテンツが同梱されている拡張パッケージなどがあります。

ベースパッケージのみだと、拡張部分のコンテンツが遊べないといったことはありますので注意を。

パッケージ購入後は、基本的にはお金はかかりません。

一応、アイテム課金やESOPlusなどの月額課金もありますので遊び方に応じて課金すればいいのではないかなと思います。

アイテム課金はちょっとした便利アイテムや外見を変えるコスチュームアイテムや騎乗ペットなどがあります。ないとクリアできないといったことはないのでお好みで。

「ESOPlus」ですが、こちらは月額課金みたいなものです。詳しくは下記リンクの公式サイトで確認して下さい。

⇒ESO Plus™ – TESO/ESO~エルダー・スクロールズ・オンライン~DMM GAMES

課金が有効な間は、拡張版含めてすべてのコンテンツで遊ぶことができます。
他にもゲーム内マネーが定期的にもらえたりなど特典もあったりします。

なのでベースパッケージを購入してから、ESOPlusに入れば拡張パッケージなしで全てのコンテンツを遊ぶことができるようになります。

管理人は不定期にしか遊べないため、ベースパッケージのみ購入して遊んでいます。

ベースパッケージのみでも正直充分すぎる内容になっています。
拡張コンテンツのある地方には入れませんが、元々フィールドも広大なため、制限がありすぎて全然楽しめないなんてことはありません。

基本的なコンテンツだけでもかなり遊ぶことができます。

最近は拡張パッケージを購入しようか迷っているところです。笑

定期的に遊べる方は「ESOPlus」などのサービスを利用した方が最新のコンテンツを常に遊べるようになりますので、「ベースパッケージ+ESOPlus」の方がいいかもしれません。

管理人みたいに不定期に遊ばれる方はパッケージを購入して、様子をみながら拡張版を購入して遊ぶコンテンツを増やしていく方が、マイペースで遊べますし経済的にもいいかもしれません。

参考に管理人が購入したパッケージと公式サイトへのリンクを置いておきます。

ゲーム本体のインストール-TESO/ESO~エルダー・スクロールズ・オンライン~DMM GAMES

ソロプレイヤー向けのゲーム設計

出典:遊び方 – TESO/ESO~エルダースクロールズ・オンライン~DMM GAMES

本作はオンラインゲーム(MMORPG)ですが、基本的なところはソロプレイで完結できるように設計されているのが特徴の一つです。

各都市やフィールドでクエストの依頼を受けることができますが、多くのクエストがソロでもクリアできるようになっています。(グループダンジョンやグループで遊ぶことを前提とした場所もある。)

また、ソロプレイヤー同士で協力しやすいシステムがあります。

基本的に他のMMORPGでは、誰か他のプレイヤーが攻撃しているモンスターを途中から攻撃して倒してしまうと報酬やアイテムなどが倒したプレイヤーしかもらえず、最初から戦っていたプレイヤーが損をする形となり良くない行為となっています。

しかし、このエルダー・スクロールズ・オンラインではそれを気にしなくていいシステムとなっていてます。モンスターを倒す/倒さないに関係なく攻撃したプレイヤー全員に報酬がもらえるようになっているので、誰も損をせず、むしろ積極的にプレイヤー同士で助け合いやすい環境になっています。

そのため、モンスターと戦闘をしていると通りすがりのプレイヤーが手伝ってくれますし、こちらも他のプレイヤーがモンスターと戦っていれば手助けするといった感じでソロプレイヤーでもちょっとしたパーティ戦闘を味わえることができます。

他にもフィールドの各場所には、1人では倒すのが難しいモンスターがいる場所があります。
他のプレイヤーが来るまで少し待機して、プレイヤーが来たら戦いにいくと結構一緒に戦ってくれたりしますのでソロプレイでも遊びやすいんですよね。

ゆるく他のプレイヤーと関わりやすいというか。

基本外国の方が多いので言葉は通じませんが、なんとなく一緒に遊べたりするのが中々面白いです。

管理人みたいにコミュニケーションが苦手な人やギルドみたいなコミュニティに入りたくない人でも遊びやすい仕様になっています。笑

広大なフィールドと消化しきれない程の豊富なクエスト

エルダー・スクロール・オンライン

出典:第12弾アップデート「ONE TAMRIEL」でプレイヤーが1つになります! – TESO/ESO~エルダー・スクロールズ・オンライン~DMM GAMES

エルダー・スクロールズ・オンラインでは、レベルを気にせずにどこでもいくことができるのも魅力のうちのひとつです。

MMORPGとかRPGなどのゲームってレベルに応じたフィールドで遊んで、強くなってから次のフィールドへ移動するっていうのが多いと思いますが、エルダー・スクロールズ・オンラインでは割とどこでもいけちゃいます。

「ONE TAMRIEL」というシステムのおかげでプレイヤーのレベルに応じて相手の強さが調整されるため、自分が行きたいと思った場所に行って遊ぶことができます。

なので、一人で自由きままに探索や冒険がしやすいのが特徴。

このへんもソロプレイヤーには遊びやすいのかなと思います。

管理人もクエストを進めていて、気づいたら違うフィールドへ行かなければいけなくなったりして、とりあえずフラッと行ってどんな感じか見てくるってこともしてます。

とくに制限がないのでその世界を遊びやすいというか冒険しやすいというか。世界観があえばかなり楽しめるゲームだと思います。

また、このシステムのおかげでパーティプレイもしやすくなっています。

プレイヤーがレベルを調整して同じレベル帯の人とパーティを組んでダンジョンやコンテンツに挑むのが普通ですが、「ONE TAMRIEL」のおかげでレベル差があるプレイヤー同士で組んでもシステム側で自動調整してくれるため気兼ねなく誰とでも遊べるようになっています。

自由な冒険ができますし、どこにいっても消化しきれない程のクエストがあるため、自分の赴くままに楽しめるので探索や冒険が好きな人にはおすすめ。

楽しめるキャラメイク

出典:ONE TAMRIEL:永遠の友 – TESO/ESO~エルダー・スクロールズ・オンライン~DMM GAMES

キャラメイクもかなり自由に作ることができます。
種族が豊富にありますし、顔や体格、声など細かく作成することができます。
他にも装備で外見が変わったりします。

クラスは4種類あります。ざっくりですがこんな感じ。

・ドラゴンナイト ⇒ 主に接近戦向けで戦士タイプ
・ナイトブレイド ⇒ 消えたりすることができるトリッキーなクラス
・ソーサラー ⇒ 魔法使い。魔物を召喚して一緒に戦うことができる
・テンプラー ⇒ 回復・補助魔法などが使える。

個人的な主観ですが、遊んでいてよく見かけるのがテンプラー・ソーサラーあたりです。
キャラは8人作成することができますのでとりあえず作成してみてどんな感じか試しながら遊んでみるといいかもしれません。

ちなみに管理人はナイトブレイドでアサシンチックなキャラで遊んでいますが、なかなか立ち回りが難しく奮闘しています。笑

このクラスやスキル構成じゃないとクリアできないってこともないですし、クラスによって装備できないものがあるといったこともありません。

スキルも様々なものがありますが、ショートカットに登録できるスキルの数も5個のため人によってスキル構成が結構違っていたりします。

キャラの種族スキルとクラススキル以外は割と自由に取得できるため、ある程度こんなキャラを作りたいという方向性を決めておくといいかも。

韓国産のMMOPRGに多い美男・美女とはいきませんが、味がある外見を作成することができます。笑

私はそこまで気になりませんが、キャラの見た目が気になる方は注意しましょう。

また、種族選択ですが種族に応じて「同盟戦争」で所属する陣営が異なりますので注意しましょう。

「同盟戦争」はPvPエリアになり、相手陣営の拠点を落として勢力を拡大していくということができますが、種族によって所属する陣営は決まっています。
友達と一緒に遊びたい場合はキャラメイク時の種族選択で同じ陣営になるようにしておくといいです。

最後に

初心者向けというかざっくりとエルダー・スクロールズ・オンラインの概要みたいな記事になってしまいました。汗

もう少し突っ込んだ話はまた別記事で書いてみようと思います。笑

管理人は最近はボチボチとTESOを遊んでいます。
ソロでぶらぶら地方を冒険したり、装備作りに励んだり、フィールドボスに挑戦したりと。

どこかしらに他のプレイヤーがいるので、なりゆきで手伝ってもらったりしながらクエストをクリアしていってます。

ソロでゆるく遊べるのが楽しいのでソロプレイされるのが多い人なんかにはおすすめできるMMORPGだと思います。

興味があれば一度公式サイトで確認してみるといいかもしれません。
それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする