漫画「ARMS」|個人的に読んで面白かったおすすめの作品

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

今回は皆川亮二さんの漫画作品「ARMS」の個人的な感想を踏まえて紹介。

かなり昔の漫画ですが設定がかなり深いというか複雑というか、それゆえに面白いといったSFバトル漫画。

バトルものでありながらナノマシンなどの科学部分を上手く取り入れてあり、ヒューマンドラマとういうか、人間の心の弱さだったり葛藤を描いていたりと結構グっとくるシーンも多い作品。

また、バトルがしっかりと描かれていて面白い。

作品自体は古いですが、色々なところでコラボや企画もあった作品のため、どこかで目にしているかもしれません。

何か面白い漫画をお探しの方は一度読んでみることをおすすめします。

多少ネタバレ含んで書いてますのでご注意を。
参考程度にどうぞ。

ARMS

主人公の高槻涼は、普通の高校生として幼馴染みの赤木カツミと共に平和な日常を送っていた。

しかし、転校生・新宮隼人の出現により、その日常は崩れ去る。隼人の左腕には「ARMS」という兵器が移植されており、それは涼の右腕にも移植されていたのだった。ARMSを巡り、謎の秘密結社「エグリゴリ」が暗躍を始める。

同じく両足にARMSが移植された巴武士と、エグリゴリを裏切った天才少年のアルも加え、ARMSの手がかりを探るべく、エグリゴリによって滅ぼされた隼人の故郷・鐙沢村へと向かう。そしてそこには彼らの出生にまつわる驚愕の真実が隠されていた。

出典:ARMS-Wikipedia

◆全22巻【完結】(ワイド版:全12巻)

仕組まれた運命の中で足掻きもがく4人の物語を描く

高槻涼(たかつき りょう)、新宮隼人(しんぐう はやと)、巴武士(ともえ たけし)、久留間恵(くるま けい)の4人が幼少期にそれぞれとある事故・事件をきっかけにナノマシンである「ARMS」を体の一部に移植されます。

そしてお互いを知らないまま高校生まで成長し、本作の主人公である高槻涼の高校に新宮隼人が転校してくるのをきっかけに物語が始まっていきます。

この「ARMS」を移植された4人を中心として物語が進んでいきますが、「ARMS」の真相が明かされていく過程で起こる戦いや出来事での登場人物たちのドラマが面白く、個人的にグイグイと引き込まれました。

1人1人「ARMS」を移植されるきっかけとなった出来事、「ARMS」を移植され、自覚してから過ごしてきた想いや「ARMS」の真相を知っていく上での決意など深いヒューマンドラマが魅力的な漫画です。

ARMSのカッコよさと迫力のある戦闘描写

ARMS イメージ

出典:ARMS 発行:小学館(皆川亮二/ 七月鏡一著)

話の軸だけあってバトルにも登場しますが、ARMSがカッコイイ。

ジャバウォック、ナイト、ホワイトラビット、クイーンと「ARMS」を移植された4人のそれぞれの「ARMS」になりますが、個人的にはデザインが秀逸。

ジャバウォックに至っては禍々しさが表現されていて、ジャバウォックの生まれた理由を表しています。

また、敵にも「ARMS」に似た力をもった人物が登場しますが、そちらのデザインも同じく秀逸。

「ARMS」の同士の戦いや人間同士の戦いも動きがわかるように描かれて面白いです。

戦う理由もそれぞれの人物の信念のもと戦っているというか深さがあるんですよね。

登場人物の想いがのっているというか。

また、一つの都市を舞台にして駆け引きをしながらの戦闘を繰り広げたりと個人的な戦いから大規模戦闘まで迫力のあるバトルシーンも楽しめるのでおすすめ。

1人1人の人物描写の深さから生まれる名言

ARMS イメージ

出典:ARMS 発行:小学館(皆川亮二/ 七月鏡一著)

個人的にですが、名言に感じる言葉が多いです。

登場人物それぞれの生き様というか感情がこもっているセリフが多いです。

人物描写がしっかりしているというのとその場その場で相応しいセリフが多いというか。
結構グっとくるシーンが多かったです。

あなたにもきっと心にくるセリフが見つかると思います。

人の足を止めるのは絶望ではなく”諦観”、人の足を進めるのは希望ではなく”意志”」—キース・ヴァイオレット

最後に

ざっくりとですが個人的にARMSを読んで面白かった・良かった点を書いてみました。

科学要素、テクノロジーを題材にしたSF作品が好きな人
ストーリーが少し難解ぐらいの深さがある漫画が好きな人
ミリタリー要素に多少興味がある人

上に当てはまる方は意外とハマれると思います。

割と大人向けの内容でもあると思うので読み応えのある漫画を読みたいときにはおすすめ。

番外編:個人的に利用している漫画アプリ

番外編で最近利用し始めた漫画アプリについて少し。

人によって異なるので一概にこれが良いというのはないんですが、管理人は「ebookjapan」を利用して漫画を読んでいます。

本ではなく電子書籍なので読まなくなったら売るなんてことはできませんが、スマホさえあればどこでも読めるし、ダウンロードもできるので事前にスマホに保存しておけば、出先でも通信を気にせず読めるので中々気に入ってます。

自宅だとPCで見たりすることもできるのでその辺も便利ポイント。

一応今だとYahooIDで新規登録すれば500円ぐらいのクーポンもらえるので、1冊分は安く購入できたりします。(2019/3/31時点)

無料で読める漫画もいくつかありますので気になる方は下記よりどうぞ。

素敵な漫画ライフを!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする