【懐かしい】おすすめのシミュレーションゲーム|個人的に面白かった作品

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

さて今回は管理人が今まで遊んできたシミュレーションゲームの中でも長く遊べたゲームを紹介しています。

紹介するゲームは少し古い、懐かしいシミュレーションゲームを中心にって感じで多少レトロ感はありますが、今遊んでも面白いんではないかなと思います。

今なら大体お手頃価格で入手できるので興味があれば一度手にとって遊んでみることをおすすめします。

ハードも特定のものにこだわらず個人的に遊んでみて面白かったゲームの紹介となります。

また、1つ口にシミュレーションゲームといっても、シミュレーションRPGや、経営シミュレーション、育成シミュレーション、歴史シミュレーションなど様々にジャンルがあります。

管理人はシミュレーションRPGや歴史シミュレーションゲームをメインに遊んでいますので、紹介する作品はそちらがメインになってます。

よければどうぞ読んでみて下さい。

信長の野望・革新 パワーアップキット

歴史シミュレーションゲーム
◆対応機種
・Windows(PC)
・PlayStation2
・Wii

個人的に長いこと楽しんでいる歴史シミュレーションゲーム

出典:信長の野望・革新 公式サイト

歴史シミュレーションゲームで久しぶりに購入して遊んだら、思いの他ハマってしまったゲーム。

作品的にはかなり古い部類になりますが、今遊んでも充分面白いのではないかと。管理人は今でもふとした拍子に遊んでしまいます。

全国を1枚MAPにしたRTS(リアルタイムストラテシー)で内政・戦争と同じ時間軸で進んでいきます。

自分が内政をしている間に他国が戦争をしていたり、自分が戦争を仕掛けていると第三国が隙をついて自分の城を攻めてきたりなど、結構目まぐるしく展開が動くので、熱中しているうちに気付けば数時間なんてことも結構あります。

忙しそうに感じるかもしれませんが、プレイ中は随時、時間を止めることができるのでじっくりと考えながら遊ぶこともできます。

また、信長の野望・革新では「技術革新」というものがあり、取得している技術に応じて軍隊の強さが変わったり、城の強度を変更できたりと戦争や内政における優位が変わってきます。

技術を取得するためには、技術適性をもった武将を技術開発に回します。
また、適性だけでなく武将の能力に応じて技術開発が終わるまでの期間も変わってきます。

いずれにせよ技術開発が終わるまではしばらく時間がかかり、その間は技術開発に回した武将は使用できなくなるので、どう過ごすかを考えなければいけません。

なるべく短い期間で有効な技術を取得しようとすると優秀な武将を技術にまわさないといけないので、悩みどころです。弱小勢力ほど技術を取得するのにかなり苦心するのでそのへんも楽しめます。

パワーアップキットでは他にも「南蛮技術」と呼ばれる、南蛮人と貿易をすることで取得できる技術があります。

こちらは特産品を使用して貿易しますが、特産品も様々にあるのでどう取得していくかを考えながら遊ぶと面白いです。

「信長の野望・革新 with パワーアップキット」は割と評判も良く、今だと手頃な値段で購入もできます。

RTSが好きな人ならば遊んでみて損はないと思いますのでよければ遊んでみて下さい。

三国志13 パワーアップキット

歴史シミュレーションゲーム
◆対応機種
・Windows®
・PlayStation®4
・PlayStation®3
・Xbox One
・Nintendo Switch™
・PlayStation®Vita

武将個人プレイを楽しみたい人向けの歴史シミュレーションゲーム

三國志13 with パワーアップキット イメージ2

出典:三國志13 with パワーアップキット|戦闘

こちらはKOEIの「三国志」シリーズの内の1つ。
まだ新しい部類のシリーズ。管理人はPsVita版で遊びました。

今作は武将個人プレイに特化したゲームになりますが、かなり幅のある遊び方ができるので結構長いこと遊ばせてもらってます。

君主に仕えてもいいし、仕えたあとに謀反を起こしてもいいし、どこにも仕えず浪人となって名声を高めてもいいし、逆に賊徒になって都市を襲撃してもいいし、
商人となって金の力で勢力をあやつってもいいし、暗殺者として生きてもいいし等々。

割と幅広くロールプレイで遊ぶことができますので、繰り返し遊ぶことができます。
管理人は割と武将よりのプレイで国を立ち上げたり、ふらふらと弱小勢力に仕えて巨大勢力に立ち向かったりとして遊んでます。

こちらもRTS(リアルタイムストラテジー)で、1枚MAPですので、あちこちで戦争が起きたり、その時々で進み具合が違ってきますので、何回遊んでも違う展開を楽しむことができます。

また、本作では同志システムというものがあり自分のお気に入りの武将と絆を結んで義兄弟となったり、夫婦となったりする事ができます。

絆を結ぶと国を立ち上げた時に馳せ参じてくれたり、君主に進言をする時に助力してくれやすくなったり、自身の能力があがったりとメリットがありますので、
積極的に絆を結んでいくのですがこちらも面白いです。

特に脳内妄想が得意な方にはお気に入りの武将と絆を結びながら目的達成までのストーリーを妄想しながら遊ぶとハマれます。笑

PsVita版であそんで見た感想ですが、操作に慣れるまでは初めのうちは難しいというかわかりづらいかもしれません。

ですが、携帯機ならではの寝ころびながらのプレイやちょっとした時に遊んですぐ中断もできるのでそういう点では個人的にはメリットはありました。

対応機種もかなりありますのでお好みの機種で遊ぶことをおすすめします。
個人的に遊んだ詳しい記事も書いてますのでよければどうぞ。

ファイアーエムプレム 聖戦の系譜

シミュレーションRPG
◆対応機種
・スーパーファミコン
・バーチャルコンソール→ 対応機種はこちらの任天堂公式サイトで確認下さい。

親子2代で紡がれる壮大なストーリー

出典:ファイアーエムブレム 聖戦の系譜|New ニンテンド-3DS|任天堂

有名なシミュレーションRPGシリーズのファイアーエムブレムシリーズ。

こちらはファイアーエムブレムシリーズでもかなり昔の作品になりますが、個人的に一番思い入れのある作品。思い出補正が入ってます。懐古厨といわれればそれまでですが。汗

元はスーパーファミコンですが、今ではVC(バーチャルコンソール)で遊べるようになっていますので、お手元に対応する任天堂のハードがあれば遊ぶことができます。

さすがに今のグラフィックと比べると見劣りはしますが、管理人が当時遊んだ時はかなり奇麗なドット絵に感じた覚えはあります。笑

ストーリーが親子2代に渡り結構重たいシーンもあるのでストーリーを重視される方にはいいゲームかも。

確かこちらの作品からシリーズにちょいちょい使われている結婚システムが採用された作品だと思います。

親のスキルが子に継承されるので、子供世代には鬼のように強い剣士が作れたりします。笑
最適解みたいのがありますが、自分が気に入ったキャラ同士をくっつけたりと色々と組合せを考えながらできるのでこちらも繰り返し遊べるゲームではないかなと。

難易度は個人的にですが結構難しい部類だと思います。最近のシリーズではある程度難易度を調整できるとおもいますが、本作では特にそういうのはありません。

1マス間違えると次のターンで味方ユニットがあっという間にやられるので結構シビアです。
戦略を考えながらじっくりと遊べるシミュレーションゲームでもあるので過去のゲームも遊んでみたいって方にはおすすめ。

フロントミッション ザ・ファースト(FRONT MISSION 1st)

ロボットシミュレーションゲーム
◆対応機種
・スーパーファミコン
・PSStore対応→対応機種を確認する場合はこちら
・DS

硬派なロボットシミュレーションゲーム

出典:フロントミッション ザ・ファースト|ソフトウェアカタログ|プレイステーション® オフィシャルサイト

ロボットもののシミュレーションゲームだと「フロントミッション」ですね。
最新作はまぁ色々と言われていましたが、少なくと1作目である「フロントミッション1st」は名作だと思います。

「ヴァンツァー」と呼ばれるロボットをカスタマイズしながら、各MAPをクリアしていく形式のシミュレーションゲームですが、カスタマイズ出来る部分がかなり豊富です。

重量や出力などの制限もあるので、使いたいパーツに合わせて制限も考えながらカスタマイズしなければいけませんし、各パイロットのスキルも考慮に入れながら仕上げる必要があるのでそのへんの組合せを考慮に入れながらじっくりと遊ぶことができます。

っといても元はスーパーファミコンの時代の作品ですので、なんだかんだある程度最適解みたいなものはありますが…

それを含めても面白い作品だと思います。

また、本作はストーリーがかなり重厚なで有名なトラウマシーンもありますので知らない方はネタバレなしで一度遊んでみるといいかもしれません。笑

一応シリーズに関する記事も書いてますのでよければこちらもどうぞ。

ジージェネレーション ジェネシス

ロボットシミュレーションゲーム
◆対応機種
・PlayStation®Vita
・PlayStation®4
・Nintendo Switch

宇宙世紀シリーズのガンダムのシミュレーションゲームといえばこれ

SDガンダム ジージェネレーションジェネシス|ソフトウェアカタログ|プレイステーション®オフィシャル公式サイト

ガンダムのシミュレーションゲームで有名なシリーズといえばこちらでしょう。

恐らく、ジージェネシリーズはガンダム好きな人ならシリーズ作品のいずれかは遊んだことがあると思われる作品。

個人的には「ジージェネレーションスピリッツ」が好きなんですが、今だと遊ぶ環境的にも厳しいものがあるかもしれないので対応機種の点も考慮にいれて次点でこちらを紹介。

宇宙世紀シリーズが好きな方なら買って損はないかと。
自分の好きなキャラを好きな機体に乗せて強化していくシステムなので誰でも遊びやすいガンダムゲーだと思います。

宇宙世紀以外の機体も使いたいという方はジージェネレーションワールドなんかの方がいいかもしれません。

作品によって参戦機体に多少違いがありますのでそのへんは調べてから遊ぶことをおすすめします。

「ジージェネレーションスピリッツ」以降は割と戦闘シーンやカットインなどありシステム的にはそこまで大きく変わることはないのでお好みで。

ギレンの野望

ロボットシミュレーションゲーム
◆対応機種
・PSP
・PSStore

シミュレーションゲームとしてもう少し掘り下げたガンダムゲーム

出典:機動戦士ガンダム 新ギレンの野望 PSP® the Best|ソフトウェアカタログ|プレイステーション®オフィシャルサイト

ジージェネレーションよりもう少し掘り下げたシミュレーションゲームがやりたい方はこちら。ギレンの野望シリーズ。

新ギレンの野望はおすすめできるかといったらどうでしょう。ってとこです。笑
いかんせんバランスが少しはっちゃけてます。

が、過去作も遊んだ事があるんですが、個人的にはモビルスーツの戦闘シーンが一番見応えがあるのでこちらにしてます。

ちなみに中古で購入される場合はご注意を。

封入特典でプロダクトコードがないと使用できない機体やキャラがありますので全て楽しみたいって方にはそのへんは注意下さい。

プロダクトコードで使用できる機体とパイロットによってはかなり難易度に差がでますので。

ギレンの野望シリーズですが、どちらかといえば自分が軍の責任者となって軍を指揮していく感じです。

「資源」や「資金」を考慮にいれながらMSの開発や生産を行い、どの拠点に何のMSを生産するかなどを考えなければいけないので、戦略要素は増えています。

新ギレンの野望では機体によって生産できる上限数もありますのでそのへんも考慮にいれなければいけません。(特殊なことやると上限を超えて生産はできるものもある。)

1体のモビルスーツより、複数の戦闘機の方が強かったりと、

ドズルの「戦いは数だよ 兄貴!」

を実感させてくれます。

量産機を駆使しながら拠点を防衛しつつ敵の拠点を落とすといった感じでガンダムゲーでも割と掘り下げてますので遊んでみるのもいいかもしれません。

戦闘シーンを求めていない方は過去作のギレンの野望アクシズの脅威の方がバランスもよく、ボリュームもかなりありますのでそちらの方がより長く楽しめると思いますので、そちらで遊ぶのもありです。

伝説のオウガバトル


シミュレーションRPG
◆対応機種
・スーパーファミコン
・PlayStation
・バーチャルコンソール
伝説のオウガバトル|New ニンテンドー3DS|任天堂3DS
VC 伝説のオウガバトル

スーパーファミコンからの名作シミュレーションRPG

出典:伝説のオウガバトル|New ニンテンドー3DS|任天堂3DS

個人的に名作だと思うシミュレーションRPG。
かなり古い作品で当時は難しすぎてよくわからなかったのですが、大人になってから遊んでみるとこれがまた面白いかったので。

今だとスーパーファミコンが入手しづらいと思うので遊ぶならバーチャルコンソールになるかな。(PS版だとバグがありますので遊ぶ時は調べてから遊ぶことをおすすめします。)

この作品結構奥が深いんですよね。

RTS(リアルタイムストラテジー)で部隊を編成して各MAPの敵の本拠地のボスを倒しながらストーリーを進めていくのですが、難易度が高く歯応えがあります。

部隊を編成する味方ユニットにもクラスが色々とあり、人間だけでなくモンスターも編成することが可能です。

編成に応じてユニットの移動速度が変わったりしますので突撃部隊用、拠点防衛用など戦略性が結構あります。

また、ユニットの育成ですが単純にレベルあげすればいいというものでもありません。

弱い敵ユニットを倒しすぎると味方ユニットのカオスパラメーターが悪人よりになってしまうので、目指していたクラスにチェンジできないということになったりしますのでバランスを考えながら戦闘をする必要があります。

味方ユニットだけでなくストーリーの進行に影響するカオスフレームなるものもあり、MAPのクリアに時間が掛かり過ぎたり、解放した拠点を敵に奪われると下がったりなど結構シビアなとこもあるのでやり応えは充分あるシステムとなってます。

一味違ったシミュレーションゲームになるので興味があれば遊んでみることをおすすめします。

最後に

いかがでしたか?
管理人が過去プレイしてきたものを紹介してきましたが、こう改めて見返すとシリーズものばかりですね。汗

また、思いついたら随時更新、追加したいと思います。
それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする