UNDERTALE(アンダーテイル)短く遊びたい時におすすめのRPG|個人的なレビュー

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

少し前にインディゲームで話題になった「UNDERTALE(アンダーテイル)」をいまさらながらに遊んでみました。

画質なんかは割とスーパーファミコンみたいで、管理人みたいな30代~40代の方は懐かしさを感じられる作品です。

マルチエンディング方式ですが、1つのエンディングにたどり着くまでにそこまで時間がかからないので、時間をとりづらい人なんかにもおすすめ。

管理人はSteamで購入して遊びましたが、他にも色々なプラットフォームがあるので自分が遊びやすい環境で遊んでみて下さい。

それでは管理人の感想とともに「UNDERTALE(アンダーテイル)」をさらっと紹介。

スポンサーリンク

UNDERTALE(アンダーテイル)

◆タイトル UNDERTALE(アンダーテイル)
◆ジャンル RPG
◆対応機種 Nintendo Switch / PS4 / PSVita / Xbox One / PC(Steam)

短い時間で楽しめるマルチエンディング方式のRPG

UNDERTALE(アンダーテイル)1
プレイ中の主人公の行動によってたどり着けるエンディングが変わってきます。

ちなみに遊ぶ際はネタバレなしで遊びましょう!(重要)

ただ、1点だけ注意をあげておくとあるエンディングだけは1週目では到達できないようになっていますので、あるエンディングをみるためには最低でも2週はする必要があります。

本作ではストーリーを進めてく上で謎解きをしていかなければいけませんが、謎解きを含めて管理人は2週目を終えて15時間ぐらいで終わってます。

人にもよると思いますが、管理人としては割と短い時間なので遊びやすいRPGでした。

ストーリーというか世界観が割と独特で笑える内容もあり、真面目なところは真面目で気付けばあっという間にクリアしてました。

出会う主要キャラそれぞれがしっかりと個性があるので、この独特な世界観が好きな人には面白いと思います。

管理人調べではマザーシリーズに似ているというのがありましたが、これは管理人も感じましたのでマザーシリーズが好きだった人にはおすすめ。

マルチエンディングの分岐条件も難しいものではなくそこかしこにヒントがありますので、攻略サイトがなくてもたどり着くことができると思います。

30~40代世代にはどこか懐かしさを感じさせてくれるBGM

UNDERTALE(アンダーテイル)2
画質のこともあってか管理人世代ぐらいの人には懐かしさを感じさせてくれるのもあってかBGMが感慨深いです。

しっとりとしたBGMからボス戦で流れる熱いBGMと短い時間の中で様々なBGMがあり、個人的には名曲が多く感じました。

画質と合わせて、BGMの音源も懐かしくさせてくれるものばかりですので、最初に書いてますが感慨深くさせてくれます。

Steamでは別でサントラの販売もしてましたので、プレイしながら聞いた後に、お気に入りのBGMがあればサントラの購入もいいかもしれません。

独特な戦闘システム

UNDERTALE(アンダーテイル)3
戦闘システムが独特です。コマンド式ではありますが、選択できることが多いです。

それと戦闘中に発生する敵の攻撃を避けるギミック。

主人公を現すハートを動かしながら敵の攻撃を回避するといった感じなのですが、後半になればなるほど難しいです。

管理人は後半は結構苦労しました。(笑)

苦労はしましたが、装備や回復アイテムをしっかり揃えればクリアできるので構えなくても大丈夫だとは思いますが、ボス戦の前はしっかりと準備しておくといいと思います。

ただ、リスタートはすぐできるのでシステム的には遊びやすかったのは良かった点です。

UNDERTALE(アンダーテイル)の個人的な感想まとめ

個人的には短い時間でクリアできるRPGなので、時間がなかなか取りづらい方やストーリーを楽しむのが好きな人にはおすすめできるRPG。

ただし、ネタバレは一切なしで遊ぶのが前提かなと思います。

管理人はちょっと気になって調べている時に、少しエンディングに関わる要素を、ちら見してしまったので遊んでいる時にその部分をなんとなく注意して遊んでしまったのでそこだけは少し後悔してます。

まったく知らずに遊んでいると終盤にちょっとドキッっとするところがあったりしますので、ぜひネタバレなしで遊んでみて下さい。

それとプラットフォームは色々とありますが、管理人はSteamで¥950で購入できたので値段面から考えるとSteamで購入するのがお得かもしれません。

ただご自身のゲーム環境とかもありますのでそこは自分にあったプラットフォームでアンダーテイルをプレイしましょう。

値段的にも時間的にもお手頃で楽しめるのでちょっとプレイしたい時なんかにいいかもしれません。

それでは良きゲームライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする