ソロでじっくりプレイするおすすめMMORPG

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

さて今回は最近MMORPG系を題材にしたアニメを見ていくうちに何かプレイしたいな~と思って、久しぶりにPCでできるMMORPGを遊びながら探したものを紹介しています。

最近ではコンシューマーゲームやソーシャルゲームでもオンライン要素があるのでネットの人とプレイすること自体あんまり真新しさはないかもしれません。

が、昔少しMMORPGで遊んだことがありますがその当時とても面白かったのでいつかまたプレイしたいな~って思ってまして。

基本ソロプレイで遊んでばっかりの管理人なのであれですが、結構冒険感というか1人でも楽しめそうだよっていうMMORPGを管理人の感想とともに紹介しています。

管理人はゲームの雰囲気とか世界観を楽しむのが好きなので、同じような方に参考になればいいかな。

ちなみに視聴したMMORPG系を題材にしたアニメの記事はこちらになりますので興味があればどうぞ。

The Elder Scrolls Online

タムリエル大陸を舞台に、エルダー・スクロール<星霜の書>と呼ばれる予言書を巡る壮大なドラマを綴ってきた“エルダー・スクロール”シリーズ。

その最新作にして初のオンライン作品となるのが、エルダー・スクロールズ・オンラインである。

日本でも好評を博したシリーズ第四作目「オブリビオン」はタムリエルの歴史上、第三紀433年に起きた事件を中心にしており、第五作目「スカイリム」はその約200年後、第四紀201年のスカイリム地方を舞台にした話となっている
エルダー・スクロールズ・オンラインでは、シリーズ中で最も古い時代となる第二紀582年に起きた大陸全土を巻き込む大戦争を軸に、様々なキャラクター達が織りなす物語を体験できる。

邪神の侵攻により空位となった帝国の玉座を巡り、タムリエルの人々は三つの勢力に分かれて争いを繰り広げている。

戦渦に飛び込み武勲を上げて皇帝を目指すか、帝国崩壊の真実を巡って邪神と戦う道を選ぶか、全ては貴方の手に委ねられている。

項目 内容
タイトル(公式サイト) エルダー・スクロールズ・オンライン(日本語版)
運営 DMM GAMES
料金 パッケージ販売

冒険をソロでも堪能できる広大なフィールド

エルダー・スクロールシリーズのオンライン版です。

管理人は本作を遊ぶ前にスカイリムをプレイしたことはなかったのですが、MMORPGを探している時にこの作品を見つけて、一度プレイしてみようかなと思いきって購入して遊んでます。

遊んでみてですが、意外とソロプレイヤーに優しい仕様なんですよね。

基本的にソロプレイヤーでも完結できることを考えた設計で、道中のイベントボスなんかも苦戦したりしましたがソロでメインクエストをクリアしました。

また、フィールドがとても広大で1人で冒険してる感が強くてボチボチ散歩してるだけでも面白いです。

エルダー・スクロール・オンライン

出典:第12弾アップデート「ONE TAMRIEL」でプレイヤーが1つになります! – TESO/ESO~エルダー・スクロールズ・オンライン~DMM GAMES

行く先々でサブクエストも豊富にあり、少し歩けば何かしらのクエスト受けたりすることができます。
ダンジョンもワールドマップのあちこちに有り、立ち寄ってクリアしていくこともできます。

このコンテンツの豊富さでユーザーをあきさせないつくりに感動しました。

他にもグループダンジョンもありプレイヤー同志で協力しないとクリアが難しいダンジョンもあります。

ただこのグループダンジョンも制限などはなく1人で参加するのも可能でどこいくにも割と縛りがありません。

プレイしていて思ったんですが、プレイヤー同志がゆるく関わりやすく協力しやすい作りになってるんですよね。

出典:http://eso.dmm.com/game-guide/play/

一般的?なオンラインゲームだと誰かが戦っているモンスターをよかれと思って攻撃すると経験値やアイテムなどを奪ってしまうことがあり、これを通称で”横殴り”というんですが嫌われる行為になります。

でもこの作品は”横殴り”をしても問題ないです。
誰も損しない仕様になっていて協力プレイをしやすいシステムになってます。
なので、通りすがりで人を助けるといった行為が成立しやすくロールプレイがはかどります。

管理人みたいにコミュニケーションが苦手な人でパーティプレイに敷居を高く感じている人には特におすすめ。

MMORPGの醍醐味である誰かと協力してプレイするということがこの仕組みのお陰でなんとなくパーティを味わうことができます。笑

クエストでボスを倒せなくて詰まったりしたら通りすがりのプレイヤーを待ってから戦いに挑んたりと少し特殊な遊び方?もできたりします。(できないクエストもある。)

ぼちぼちプレイしていますが、コンテンツがかなり豊富なので全然遊び尽くせていません。
はまればずっとプレイできるとMMORPGだと思うのでソロプレイヤーにもおすすめします。

個別に記事も書いてますのでよければどうぞ。

黒い砂漠

黒い石は古代文明において動力源として使われてきたが、一方で古代人の精神を蝕み文明を崩壊させた。

古代文明崩壊後、カルフェオン王国とバレンシア王国は黒い石が眠る黒い砂漠を巡って大規模な戦争を戦った。

カルフェオン王国の領内では黒い石が無かったが、セレンディアの領内でこれが発見されたとの知らせを受けると、カルフェオン王国はセレンディア王国へと侵攻した。

カルフェオン王ガイ・セリクはセレンディアの首都にあるハイデル城を奇襲攻撃によって陥落させ、セレンディア王クルシオを捕虜とした。

戦争に敗北したセレンディアはカルフェオンの従属下に置かれ、黒い石が産出する地域を占領された。しかし、5年後にカルフェオン王ガイ・セリクが急死すると、戦後セレンディアの侍従長となったジョルダインは復讐の機会を探り始めた。

そのような状況の中で、バレノス地方の田舎のオルビア村に古代遺物探検家のエダンが現れる。そして彼は古代遺跡の中で記憶を失った人物と出会う…。

出典:黒い砂漠(オンラインゲーム)-Wikipedia

項目 内容
タイトル(公式サイト) 黒い砂漠
運営 ゲームオン
料金 基本プレイ無料

膨大なコンテンツを遊べるMMORPG

出典;ゲームガイド|黒い砂漠

とにかく1人でやれることが多いためじっくり遊べるのには間違いないと思います。

ただ、パソコンの要求スペックが高めなのでそこらへんは自分の環境と確認してみて下さい。
クライアント/動作環境|MMORPG 黒い砂漠

遊んでみて思いましたが、やれることが多すぎるので情報量に最初戸惑いました。笑
とにかくやれること、遊べることが多いので必然的にそうなるんだろうなと。

初めて遊ばれる方は公式サイトのゲームガイドなど参考にした方がいいかも。
貿易や生産などのコンテンツが好きな人は特に。

戦闘系のコンテンツだけでなく商人や生産コンテンツも盛りだくさんなので、数あるMMORPGの中でも一味違った楽しみ方ができるのが、この「黒い砂漠」です。

交易ルートの結び方、確保の仕方など、はじめは戸惑うことも多いかもしれません。

コツというかやり方を覚えるまでは、じっくりと公式サイトなどをみながら進めるといいと思います。

戦闘はノンターゲティング式でこちらもアクション性がかなり高く、コマンドの入力や回避などタイミングを楽しめるシステムとなっているので、少し凝っている戦闘システムで遊びたい人にもおすすめです。

基本無料でこのクオリティは素直に驚きました。

情報量が多いので初めのうちは何をするにも困ってしまうかもしれませんが、逆に言えば模索する楽しみも「黒い砂漠」にはあると思います。

また、ソロで遊べるコンテンツが豊富なので、ソロプレイを中心に遊びたい人は一度遊んでみるといいかもしれません。

一応メジャータイトルだけあって今遊んでも人口は多いのでMMORPGの雰囲気も楽しめると思います。

気になる方は下記リンクからどうぞ。

⇒黒い砂漠 公式サイトへ

イカロスオンライン

護衛騎士である主人公は姫を守るために全力を尽くしたが、姫は魔神の軍団の一つである氷雪の魔軍の将軍「ロンド」に攫われてしまう。

同じ護衛騎士である「トルトゥス」と「レナ」と共に自分もまた敵に捕らわれてしまうが、姫を救出するためにやってきたシャドウクランの団長「クロウ」に助けられ、サラント監獄を脱出したところから物語は始まる。

出典:ICARUS ONLINE

項目 内容
タイトル(公式サイト) イカロスオンライン
運営 WeMade Online
料金 基本プレイ無料

空を飛ぶことが楽しめるMMORPG


イカロスオンラインではフェローシステムと呼ばれるモンスターをペットにできるシステムがあり、ペットにしたモンスターはフェローと呼ばれます。

仲間にできるフェローには空を飛ぶことができるフェローもいて、空を飛んで移動したり、空中戦闘をすることもできます。

制限はありますが、空を飛ぶことができるMMORPGってなかなか珍しいとおもいますので、オンラインゲームの世界や景観を楽しむことが好きな人にはおすすめのMMORPG。

かなり多くの種類のモンスターをペットにすることができるので、コレクションする楽しみもあります。

今だと序盤のクエストクリアで地上移動用のフェローと空を飛ぶことができるフェローをもらうことができるので、フェローするまでが色々大変じゃないのと思った方は安心してください。

管理人も序盤でもらった「スズメ」に乗って空中からの景観を楽しんでいます。笑

グラフィックエンジンが「cryengine3」と呼ばれるエンジンで作成されていますが、グラフィックが鮮明なため景観がほんとに綺麗なんですよね。空中から眺める景色は素晴らしいものがあります。

要求PCスペックが高いのが少し痛いところ。汗

一応昔ながらのMMORPGに近い性質のため、コンテンツは割とパーティプレイ推奨のものが多いです。

ですが、装備集めやフェローコレクションなんかは割と一人でもどうとでもなるコンテンツも用意されていますのでソロプレイでも楽しめる内容だと思います。

管理人もソロでまったりと楽しんでます。

昔ながらのMMORPGに慣れ親しんでいる人や、綺麗なグラフィックのMMORPGが好きな人には割とおすすめ。

ゲームIDが「ハンゲーム」や「Pmang」など複数対応しています。
もしゲームIDをお持ちでなければ下記リンクよりどうぞ。

Tree of Savior(ツリー・オブ・セイバー)

『Tree of Savior(ツリー・オブ・セイヴァー)』は、古典的なシステムを最新の技術を用いて再構成した、どこか懐かしくも新しい感覚を体験できる2D型MMORPGです。

植物に覆われたこの地に「啓示者」として降り立ったあなたは、女神失踪の謎を解き明かすことができるのでしょうか──?
出典:Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)とは – ゲームガイド|Tree of Savior

項目 内容
タイトル(公式サイト) ツリーオブセイヴァー
運営 NEXON
料金 基本プレイ無料

3Dやリアルさとは別世界の2Dグラフィックが魅力的なMMORPG

知ってる人は知ってる、割と有名なラグナロクオンラインの後継作品らしいです。

70種類近くの豊富なクラスが用意されており、転職をしながら色々なクラスの特性やスキルの組合せなどを考えながらキャラ育成を楽しめるのが大きな特徴。

クラスがたくさんあるので自分が作りたい/なりたいロールプレイが楽しめます。

ちょくちょくとプレイしていますがソロでもサクサクと進めています。

レベルキャップが390とかなり上限が高いですが、メインストーリーを中心としたクエストをコツコツと進めていて、まだ中盤ぐらい?だと思いますが管理人のメインキャラはLv100弱までになりました。

先はわかりませんが、レベルは上がりやすいので上限が高いからといってあまり億劫にならなくても大丈夫ではないかなと思います。

また、グラフィックが2Dなのに美しい異世界が広がっている感じするのでメインストーリーを進めながらボチボチとツリーオブセイヴァーの世界を楽しんでいます。

昔のクリック型のMMORPGのプレイと比べると近いものはありますが、戦闘中に操作する要素は結構あったりしますので、単調にならないように考えられているのも良い点。

最近のアクション性の高いMMORPGとは比べられませんが、管理人ぐらいの30代ぐらいの方でPCのMMORPGを遊んできて好きだった人には遊びやすいのではないかなと思います。

「Tree of Savior」イメージ

基本的にキーボード操作が中心になりますが、クエストで戦うボス戦では罠を避けながらキャラを移動させたり、ボスの攻撃範囲に巻き込まれないように移動しながら攻撃をしたりと、攻撃して後は傍観するだけといった感じはありません。

個人的には程よい感じです。笑(エンドコンテンツなどいくとわかりませんが。)

マップにも推奨レベルなんかが表示されてるので、初心者の方にはとっつきやすいんじゃないかなと思います。

武器・防具の強化やインスタントダンジョンなどコンテンツも豊富にあるためじっくりと遊べるMMORPGではないかなと。

インスタンスダンジョンはPTが必要になる部分もあるため、多少ソロだけでは無理なところはありますが、PTも自動マッチングシステムがあるのでそこまで心配せずに遊ぶこともできます。



セブンスダーク

項目 内容
タイトル(公式サイト) SEVENTH DARK(セブンスダーク)
運営 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN CO.
料金 基本無料(アイテム課金)

七つの大罪をテーマにしたハックスラッシュを楽しめるMMORPG

セブンスダーク イメージ
ストーリーとハックスラッシュをソロでも楽しめるMMORPG。

七つの大罪をテーマとしてストーリーが展開されて、メインクエストを進めながら物語を楽しむことができます。

ストーリーは少し割愛というか端折られているかなと感じられる部分もあり、少し突拍子がないとこもありますが、物語が追えないとかはないのでMMORPGにストーリーが欲しい人にはおすすめ。

管理人もボチボチと楽しんでいます。

見下ろし視点固定の2.5Dで、『ハックスラッシュ』を推しているMMORPGですがそのへんも結構面白いですよ。

モンスターがポップしやすいため次から次へと出てきますが、スキルで割と範囲攻撃がしやすいため戦闘もサクサクと進めれます。

武器や防具などがドロップしやすくなっているので、そのぶんドロップ品で持ち物がすぐ一杯になってしまったりとか。

課金でバックや倉庫を拡張できますので、持ち物の容量をきにせず遊びたい人はそのへんを検討するといいかもしれません。

また、『セブンスダーク』では職業と武器を組み合わせることができるので、自分好みのキャラを作りやすいのも楽しめる部分。

職業によって武器の装備が制限されていないため、色々と組み合わせを楽しむことができます。極端な話、戦士で杖を装備してモンスターと戦ったりと。(まぁ、有用かどうかは別の話ですが…笑)

武器によっても戦闘方法が変わってきますので遊びながら自分だけのスタイルを作りあげていく楽しさがあるので興味があればぜひ遊んでみて下さい。
SEVENTH DARK -セブンスダーク-

番外編1 MMORPGを楽しんでいる私のPC環境

さて少し番外編ですが、私のPCスペックを書いておきます。

上のソロでも楽しめるMMORPGを楽しんでいるPCスペックです。
かなり奮発して購入したものなのでスペックは割と良い方だと思います。

実際に遊んでみてユーザーが多すぎるとカクつくMMORPGもあったりしますが、概ね問題なく遊べています。

◆管理人のPC環境
OS:Windows10 Home
CPU:Intel Core i7(4.01GHz)
メモリ:16G
グラフィックカード:GeForce GTX 1060

結構充分なスペックなので個人的には満足しています。
耐久性は未知数ですが長くもってもらいたい。笑

BTOでスペックを選びながら購入したので、もしPCを新調しようという方はBTOで自分にあったスペックを選びながら購入するのもいいと思いますよ。
PCに特に自信がある方はパーツを購入して組み立てるのもありだと思います。

参考程度に興味があれば下記リンクよりどうぞ。



番外編2 スマホ楽しめるMMORPG

最近はスマホのゲームアプリがどんどん加熱していてスマホでも手軽に遊べるMMORPG作品がたくさんあります。

遊んでみて思いましたが、スマホに合わせて手軽さというかライトなシステムになりつつもMMORPGとして結構楽しめる上に基本無料なので、興味があれば一度遊んでみるといいかも。

スマホ向けなのでソロだけで全て遊ぶのは難しいところもありますが、それでもソロでも楽しめる部分もあったりしますので、参考にどうぞ。

Ash Tale-風の大陸

遠い昔
大いなる世界樹を巡り繰り広げられた一千年戦争

「七つの大罪」と呼ばれる悪魔達を前に、
世界は種族の垣根を超えて手を取り合い
ついに戦争は終結した

平和の日々と共に記憶は風化し
かつての戦争を語る物はいなくなった

そんな時、地上に「パンドラの箱」が現れ
それぞれの思惑がかみ合うように、
物語は動き出した‐
出典:Ash Tale(アッシュテイル)-風の大陸-公式サイト

可愛らしい絵本のような世界を楽しめるMMORPG

アッシュテイル イメージ
上で紹介している『セブンスダーク』の雰囲気をスマホで手軽に遊ぶことができるMMORPG。

PCとスマホと連動して遊ぶことができるので家ではPC、外ではスマホで遊びたいという人には結構おすすめ。

管理人はPCのMMORPG『セブンスダーク』を遊んでいたのですんなりと入れましたが、こちらの『Ash Tale』はスマホでのMMORPGということで、操作やシステムがライトな感じになって遊びやすいです。

アニメチックというかグラフィックが2.5Dで可愛らしい世界観ですので、こういう雰囲気が好きな人にはおすすめ。

ただスマホ向けというのもあり、ソロで遊びきるのは少し難しいコンテンツもあります。

PTマッチングなどシステム的にはあるためソロで難しいコンテンツはそこらへんを利用するのもありです。

他に自分だけのファーム(農園)を作って楽しむこともできるので、モンスターを倒すだけでなくまったりと遊ぶこともできるので、気になる方は一度遊んでみるといいかも。

Ash Tale-風の大陸-

Ash Tale-風の大陸-
開発元:X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN K.K.
無料
posted withアプリーチ

リネージュM

反王の王位簒奪に危機感を抱いたデューク・デフィルの側近はその遺児を逃がした。数年後、健やかに成長した父と同じ色の髪を持つ青年「デポロジュー」は志を共にする仲間を集め「血盟」を結成し、王座奪還の思いを胸に秘め旅立つところから物語は始まる……。
出典:リネージュMの概要やストーリー|リネージュM公式サイト

古き良きMMORPGのリネージュがスマホで楽しむ

リネージュM イメージ
今となってはかなり昔に一世を風靡したPCで遊べるMMORPGの『リネージュ』がスマホで遊べるようになりました。

グラフィックなどはさすがに古臭いですが昔『リネージュ』を遊んでいた人には昔を思い出しながら遊ぶことができるので、楽しめるかもしれません。

管理人も一時期遊んでいたので懐かしさもあってか、久しぶりに触れてみましたが、最初こそ自分が遊んでいた時とかなり変わっていたので戸惑いましたが、その分遊びやすくなっていたので今では結構楽しんでいます。

ソロでどこまでやれるものなのか手探り状態ですが、『リネージュ』を遊んだことのある人にはなんだかんだで楽しめるんではないかなと思います。

プレイヤーも結構いるので「血盟」(ギルドみたいなもの)も楽しみやすい雰囲気があります。

初めての人でもチュートリアルやシステムなど結構親切なので、昔のMMORPGの雰囲気を一度味わってみるのにもいいかもしれません。

Lineage M(リネージュM)

Lineage M(リネージュM)
開発元:NC Japan K.K.
無料
posted withアプリーチ

最後に

管理人はコミュ障なのでソロで遊んでみて楽しめそうだな、あるいは楽しめてるものを中心に記事をかいてます。

また、ボチボチと遊んでみて楽しめそうなものを随時アップしていこうと思います。

そのうち、ギルドや複数人で遊べるようになるとまた違った観点からも記事をかくことや、そのゲーム本来の楽しさを伝えれるかもしれません。笑

みなさんも良いMMORPGライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする