ヴァルキリープロファイル レナス|おすすめの懐かしい名作RPG

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

今回は懐かしい名作RPGの「ヴァルキリープロファイル」について個人的ないれながら記事にしてみました。

昔の懐かしい名作ゲームを探している方には割とおすすめの作品になりますが、入手というか対応機種がPSかPSPしかないため、本体をもっている人にはいいかも。

本体をお持ちでない方は、中古で安く購入するか、今だとスマホでも対応してますのでそちらで遊ぶのも1つの手かもしれません。

管理人はPSPで遊びましたが、ソフト自体はGEOとかのお店で探したりすれば安く手に入れることもできるので
名作といわれるゲームを遊び尽くしたいという方は一度探してみて下さい。

ソフトの販売開始からはかなりの年数がたっていますが、今遊んでも面白いのではないかなと思います。

管理人はPSP版で遊んでいますので記事はPSP版での話になります。

Ultimate Hits ヴァルキリープロファイル −レナス−


※PVはスマホ版のものです。

はるか昔—人間たちが住む世界をミッドガルドと呼び、
神々や妖精族、巨人族などが住まう世界をアスガルドと呼んだ。

世界には長らく平和が続いていたが、ある日を境におこったアース神族とヴァン神族による確執はいつしか神界戦争にまで発展し、ついには人間界をも巻き込み、長きに渡る戦乱の日々は続いていた—

出典:『VALKYRIE PROFILE-LENNETH-(ヴァルキリープロファイル-レナス-)』|スクウェア・エニックス

◆ジャンル
・ファンタジーRPG
◆対応機種
・PlayStation
・PSP
・iOS:iPhone5s以降 iOS8以降 Android:メモリ2GB以上、OS4.4以上

北欧神話をモチーフにした名作RPG

出典:Ultimate Hits ヴァルキリープロファイル-レナス-|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

北欧神話をモチーフにしたオリジナルストーリーのRPGです。

北欧神話が好きな人には思うところがあるシーンもあるかもしれません。
管理人は知らない人なのであれですが。笑

知らない私でも「ラグナロク」や「ユーミルの首」という言葉は聞いたことがあり、また、ストーリーにも出てきますので、知っている人ならそういう点も含めて楽しめるかもしれません。

メインストーリーですが、ヴァン神族とアース神族との戦いに向けて、主人公である戦乙女のレナスが人間界から勇者の魂を集めるところからストーリーは始まっていきます。

「ヴァルキリープロファイル-レナス-」では、この人間界での英雄たちがレナスの仲間として多くのキャラが登場します。

キャラを仲間にする際に、そのキャラの死の間際のショートストーリーを見ることができますが、これが結構ドラマ性が高くて、特に主人公のレナスに深くかかわるキャラクターたちのショートストーリーは思わず見入ってしまうものが多いです。

多少どうなのって話もありますし、話が急すぎて背景を想像しながらエピソードを見る必要のあるキャラもいますが。笑

また、本作はマルチエンディングとなっていて、特定の条件を満たすとみることのできる真のエンディングはできれば過程も含めてみて欲しいところ。
ゲームにストーリーを求める人はネタバレ抜きでエンディングを見て欲しいところ。

最大4人のパーティでコンボを繰り出すバトルシステム

出典:ヴァルキリープロファイルーレナスー|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

戦闘は、ボタン毎にキャラを配置して、割り当てたボタンを組み合わせながらコンボを決めていく方式になります。

このコンボですが、なかなか奥が深くて楽しめるシステムなんですよね。

キャラによって、攻撃のモーションがありそのモーションを組み合わせてコンボを決めるのが難しいです。笑

コンボを決めことで経験値を増加させる水晶や、奥義を発動させるための時間を短くするためのちょっとしたアイテムをモンスターがランダムに落としていきますがこれを獲得するのに結構熱中できたりします。

キャラの武器によってもモーションや攻撃回数が変わってきますのでその点も楽しめるところ。

モンスターもガードしたりするのでそれを崩すために攻撃順番やタイミングを狙ったりしなければいけないので単調になりにくいです。長く遊びすぎると疲れるところはありますが。笑

勇者たちを神界に送るときにある程度鍛えてから神界に送ってあげなければいけないシステムのため、色々なキャラを育てなければいけなくなります。

そのためキャラをいろいろと組み合わせる必要があるのでそこも楽しめるポイント。

神界に送ったエインフェリアたちの評価システム

出典:Ultimate Hits ヴァルキリープロファイル-レナス-|ソフトウェアカタログ|プレイステーション🄬オフィシャルサイト

戦闘システムでも少し触れましたが、各チャプターを経過する中で集めた勇者(エインフェリア)を神界に送ることができます。

送ったエインフェリアの能力に応じて、神界での活躍や失敗の報告を受けますがこれも中々面白いところです。

能力が低すぎると、戦死することもあるため装備やレベルをある程度整えて送ってあげなければいけません。

ヴァルキリープロファイルでは、キャラの能力は単純にレベルを上げればいいだけではなく、レベルアップに応じて獲得したスキルポイントを使用して能力を上げることができます。

このスキルポイントで戦闘だけでなく補助的なスキルも獲得する必要があります。
神界から割と細かい要求のエインフェリアを送るよう言われますのでそれに見合う能力をもったエインフェリアを送らなければなりません。

自分が育てたキャラのその後の報告を見たりするのも結構遊んでいて楽しみにもなるため、キャラ育成が面白かったりします。

最後に

私が個人的に印象に残っているところ、楽しかったところを中心に書いてますが、こんな人は遊ぶと面白いかもしれません。

過去の名作を遊びたい人
ゲームにストーリー性を求めている人
少し変わった戦闘システムを遊びたい人

対応機種が少ないですが、充分面白いRPGなので興味があれば、遊んでもらいたい作品です。
また、続編となる「ヴァルキリープロファイル-シルメリア-にもつながるゲームのため、シリーズを通して遊んでいきたい人にも遊んでもらいたいソフトになります。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする