【FF14】『暁のフィーナーレ』パッチで今までとの違いを個人的にまとめてみた|雑記

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

ついに『暁のフィナーレ』がリリースされて『FF14』にINすると連日人の多いこと多いこと。

ログインに大分時間がかかって賑わいをみせているのを実感します。

この記事、誰得記事ですが個人的に今まで『FF14』を遊んできて感じる個人的な違いをまとめてみました。

パッチノートはそこそこに読んで体感に基づくものが多いので、人によってはそんなに変化を感じない部分もあるかもしれません。

今から、もしくはこれから始めるよって人は大丈夫だと思いますが、今まで遊んできた人にはちょっと気に留めておくといいかも。

スポンサーリンク

『暁のフィナーレ』で行われたデノミネーションによる影響が一番違いを感じるところ

個人的に今回のパッチで大きく今まで変わったというか違いを感じるのはこのデノミネーションの部分。

パッチ6.0における各種デノミネーションと経験値のリセットについて

上記リンクは公式サイトのものですが、経験値やダメージ値の肥大化を抑えるためにデノミネーションによる調整をしていると書いてあります。

これによって途方もない数値(個人の感覚にもよりますが)を追いかけることがなくなったのでダメージ値などの数値表示がすっきりして良いと思いますが、これによる他への影響がありました。

今回パッチでかなりの変更があり他にも細かいところや大きくかわったところもあるので今まで『FF14』で遊んできたプレイヤーの方は一読しておくと良いかも。

パッチノート一覧 | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

デノミネーションによるIDコンテンツの難易度が上がって緊張感の増加

デノミネーションの影響で特に今までと違いを感じたのがダンジョンや討滅戦などの難易度。

初めは気のせいかなと思ってたんですが、『暁のフィナーレ』パッチが始まって少ししてからTwitterなんかで話題になっているようでした。

難易度があがったというよりかは、デノミネーションの影響でギミックの進みが早まったのか、今までのILだと発動する前(もしくはスキップ)に終わっていたギミックが、今回パッチでコンテンツ中に発動するようになったと言った方がいいかもしれません。

(もしくは順番が変わった(?)このへんあくまで体感です。)

アライアンスなどの24人で参加するコンテンツは特に後半になればなるほどギミックが複雑になることが多いので難しく感じるようになったという方はいると思います。

パッチ直後にアライアンスルーレットでいった「複製サレタ工場廃墟」では一時、全アライアンスPTが半壊したりしてました。

管理人も事故というか床を舐めてました。(笑)

個人的にこのデノミネーションの影響によるコンテンツの体験できるギミックの違いは嬉しい影響

このパッチの影響は個人的に嬉しかったです。

コロナの影響もありナギ節が長かったので、最新パッチがあたるまでの期間に結構色々なコンテンツに通っていたので、慣れもあってか楽しんではいましたが新鮮さはどうしても減ってしまっていました。

そこにこの影響で、通いなれたコンテンツでも今までと違った緊張感というか、違ったギミックへの対応でいっぱいいっぱいになるのが、そのコンテンツへの楽しさや新鮮さをまた味あわせてくれるの遊びがいがあります。

帯防具が廃止された装備品

これは管理人に限らず誰でも今までとの違いを感じる変更点だと思いますが、今回パッチで帯防具が廃止になりました。

装備欄から「帯」部分が消え、マーケットへの出品もなくなるなど装備項目が削減。

どうでしょう。完全に個人的にですがこちらはあまり影響なし。

ミラプリでも元々外観などはありませんでしたし、データ的にあまり有効活用できていないと判断されて廃止方向になったんでしょうか?

これによる帯防具のアイテム詳細説明文などの変更は『FF14』への気遣いが感じられて楽しむというか納得というか変更後のフォロー対応が良いなと感じた点。

リーパー・賢者という新ジョブの追加

これは少し記事タイトルのニュアンスとははずれ、違いというよりかは追加という点になりますが、近接DPS「リーパー」とバリアヒーラーの「賢者」の新規ジョブ追加。

最近ではIDで新ジョブを使われる方が多く、結構DPSとヒーラーのジョブ構成が偏ったりしているのを見かけます。(まぁルーレットでランダム選出(?)なので偏りが出るのは当たり前かもしれませんが…)

8人コンテンツなんかでDPSが管理人以外みんなリーパーとか(笑)

別に計算したとかではないですが、恐らく新規で追加されたジョブなのである程度他ジョブよりは優遇されている部分もあると思いますので、
新しいジョブに触れておくといいかもと思います。

管理人はとりあえず追加されたジョブ触れてみましたが、「全然わからん」の一言です。はい。(笑)

慣れてくればまた所感なんかをまとめてみようと思います。

レベルキャップが90まで解放

こちらも今までと比べると違いとなる点でしょうか。

個人的にレベルキャップの解放でまた色々なジョブを試行錯誤しながら触れられるのは嬉しい点。

一応管理人、極や零式をのんびりと楽しんだりしていますので、レベルキャップの解放によってまたスキル回しなんかを試行錯誤しながら遊ぶの好きなんですよね。
(こちらは基本的には試行錯誤するより攻略サイトの情報なんかであらかじめ知っておくと、また練習しなおす2度手間が省けます。)

今も今まで触ってきたジョブで試行錯誤しながらコンテンツに突入しています。

まだ全部のジョブを触っていませんが、個人的にはレベル90で覚えるスキルを含めると今までプレイしてきた操作感覚が要所要所で変わっているので、違いを四苦八苦しながら楽しんでいます。

『FF14 暁のフィナーレ』パッチによる今までとの違いの個人的なまとめ

最後(?)のメインパッチだけあって色々と変更されていますが、個人的に印象的な今までとの違いは下のようになります。

  • デノミネーションによる既存の戦闘コンテンツの調整
  • 帯防具廃止によるアイテム欄からの削除と説明文の変更
  • レベルキャップが90になりスキル回しを楽しむ幅が増えた

今までの遊び方によって、違いを他の部分で感じる人もいると思います。

その違いを楽しんで新パッチを遊んでいきましょう。

それでは良きエオルゼアライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする