【FF14】初心者向けにヒーラージョブの白魔導士の紹介と使い方|個人的なレビュー

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

昨今のコロナ事情の影響もあるのか、最近新規さんをよく見かけて微笑ましい気持ちになる管理人です。

さて新規プレイヤーさんが増えてくるのは嬉しいことでもあるその反面個人的に心配なところもあったります。

MMORPGに慣れているとかゲームに慣れている方ならある程度問題ないと思いますが、『FF14』が初めてのMMORPGだよって人には戦闘システムに慣れるまでが大変ではないかなーっと、
管理人がこのファイナルファンタジー14をはじめたての頃を思い返します。

『FF14』では色々なコンテンツがありますが、色々なコンテンツを楽しむにあたってもメインストーリーを進める必要があり、メインストーリーを進めてく上でどうしたって戦闘コンテンツは避けられません。

そこで管理人が今まで遊んできた経験なんかを踏まえながら、個人的なコツというかポイントなどをまとめてみました。

これから『FF14』を始める新規さんが少しでも長くエオルゼアライフを楽しんでもらえればな~と思います。

今回はヒーラージョブの白魔道士について初心者向けに書いてます。

あくまで管理人の今までの経験談とか主観を多分に含んでいます。人によっては考え方や立ち回りなども変わってくるのでこんなやり方もあるんだ~ぐらいの気持ちで見るといいかも。

他にも色々な方が立ち回りやどういったものかも書いてますので色々と参考にしてみるといいと思います。

スポンサーリンク

ヒーラージョブ:白魔導士とは?

ファイナルファンタジー14 白魔導士

出典:ファイナルファンタジーⅩⅣ:ジョブガイド「白魔導士」

FFシリーズでも馴染み深いジョブ。昔からFFを遊んでいる人には定番と思えるようなヒーラージョブじゃないでしょうか。

『FF14』での『白魔導士』とは「ピュアヒーラー」と呼ばれるぐらいヒーラージョブの中でも回復に特化しているジョブです。

FF14をはじめたての頃は「幻術士」というジョブ名称ですが、レベル30になった時に受けられるクラスクエストを完了すると『白魔導士』となります。

初めから選択できるジョブというのもあって初心者さんが始めるヒーラージョブとして「白魔導士」に触れる人は多いと思います。

白魔導士の特徴

ファイナルファンタジー14 白魔導士
上でも書いてますが、「ピュアヒーラー」ということで回復に関するスキルが豊富です。

回復手段に事欠かないぐらいスキルがあるので初心者の方がはじめるヒーラーとしておすすめのジョブ。

レベルが上がってきた場合の話になりますが、使える回復スキルが多い分最初のうちはどのスキルを使うのか戸惑うことが多くなりそうなので、レベルの低いうちからしっかりとスキル特徴や使いどころを練習しておくといくのがおすすめ。

ピュアヒーラーだけあってパーティに対する回復の責任も大きいので、やりがいというか戦闘コンテンツをクリアできた時の達成感みたいのは大きいかもしれません。

(ヒーラーだけでなくどのジョブにも役割というのものがあるので責任は白魔導士だけ大きいってわけでもないんですけどね)

ヒーラージョブのロール(役割)

ファイナルファンタジー14 ヒーラー

出典:ファイナルファンタジーⅩⅣ:ジョブガイド

『FF14』では戦闘コンテンツでは基本的にロール(役割)というものが決まっています。

盾(タンク)、攻撃(DPS)、回復(ヒーラー)っといった感じに分かれていて、その役割をこなすための立ち回りが必要となります。

回復(ヒーラー)はその名の通り、PTのHPを回復させるのを主目的とした役割です。

なので戦闘中はPTメンバーがモンスターから攻撃されたらHPを回復し、倒れてしまったら蘇生魔法を使ったりします。

戦闘中は常に回復し続けるということはあまりないので、もちろん攻撃もする必要があるので個人的にはロール(役割)の中で一番操作が忙しいと感じている役割です。

味方のサポートとかが好きな人には忙しさはありますがおすすめのジョブ。

回復・蘇生と駆使してPTが壊滅しそうな時に、立て直せると非常に面白くアドレナリンがでますのでそういうのが好きな人はやってみると良い役割。

ヒーラーの基本的な立ち回り

ファイナルファンタジー14 バトルサンプル
ここからは初心者向けの基本のヒーラーの立ち回りに関して簡単にまとめます。
白魔導士に限らずヒーラー全ジョブに共通の基本的なポイントです。

個人的には『習うより慣れろ』ですが、そもそも基本のポイントを押さえていないとヒーラーとして慣れることもできません。

主にIDのダンジョンを中心とした話になります。

メインストーリーを進めたり、レベルあげなどで行く機会が多いと思いますので以下のポイントぐらいは抑えて慣れていきましょう。

あくまで個人的なものということ、それとPTメンバーによって全然忙しさも変わってきますので参考程度に見て下さい。

盾(タンク)が倒れないようにする

ダンジョンでは、基本的にタンクがモンスターの『敵視』というものをとり、攻撃を自分に集めるようにします。

タンクがモンスターの攻撃を受け止めて、その間に攻撃(DPS)ジョブのメンバーが攻撃してモンスターを倒していきます。

そのため、回復(ヒーラー)は盾(タンク)が倒されないように常にHPの管理というかなくならないように注意しましょう。

タンクが倒れると攻撃がそのまま攻撃(DPS)や自分に飛んできます。

タンクと違ってHPや防御力が高くないため、恐らく攻撃を受けるとすぐHPが尽きてしまうため、タンクが倒れないようにHPを回復するようにしましょう。

自分(ヒーラー)が倒れないようにする

ヒーラーが倒れてしまうとそもそも回復や蘇生をするメンバーがいなくなるため全滅してしまいます。
(蘇生に関しては高レベル帯になってくると他のジョブでもできたりしますが…)

なので基本的に自分が倒れないようにモンスターの攻撃に当たらないように注意しましょう。

回復しすぎないようにする

ここちょっと初めての人には難しいところなんですが、盾(タンク)への回復は過剰にしすぎないようにしましょう。

モンスターには『敵視(ヘイト)』というものがあり、『敵視(ヘイト)』が一番高いメンバーに対して攻撃をしてきます。

そしてヒーラーが回復魔法を誰かにかけると『敵視(ヘイト)』を少し高めることになります。

盾(タンク)のHPがほとんど減っていない状態で回復魔法を使うとヘイトが自分に飛んできてヘイトを取ってしまうことになりますので、回復する時は注意が必要です。

目安としてはタンクのHPが1/3ぐらい減ったら回復にまわるといった感じで立ち回れば大丈夫だと思いますが、そのあたりの感覚やタイミングは説明が難しいので、自分なりにタイミングを見極めるといいです。

攻撃をする感覚を掴む

特に初めの頃や慣れないうちは攻撃まで気が回らないと思います。(管理人はできませんでした。(笑))

慣れないうちは回復に専念で良いと思いますが、少しずつ攻撃する練習もしましょう。

ヒーラージョブでもモンスターを攻撃するスキルを覚えますし、ダンジョン以外の先頭コンテンツ(8人とかでいく人数の必要なもの)ではヒーラーといえど攻撃しないといけない場面もあります。

その時のためにも攻撃をするタイミングを自分なりに掴みましょう。

長いこと『FF14』を遊んでいて思いますが、上手なヒーラーさんは攻撃と回復をバランスよくします。

なので攻撃もできるように頑張りましょう。ただ、攻撃に専念しすぎて回復がおろそかになるといったことはないように注意しましょう。

蘇生魔法の使い方を覚える

ファイナルファンタジー14 白魔導士スキル
ヒーラーと他のロールジョブとの大きな違いは蘇生ができることにあります。
(赤魔導士や召喚士っといったジョブも高レベル帯になるとできますが…)

低レベル帯の間はあまり蘇生を使う機会はないかもしれませんが、高レベル帯になってくるとギミックとかにもよりますが蘇生をする機会が結構あったりします。

蘇生魔法(レイズとかリザレクとか)は他の魔法と比べて詠唱時間が長いので発動するまでに時間がかかります。

蘇生魔法中は移動や他の魔法を使うことができないので、その間に他のメンバーの回復できなくて倒されてしまうこともあります。

なので蘇生魔法を使う前に事前にPTメンバーを回復して耐えれるようにしておくなどの準備をする必要があったりするのでタイミングを測れるようにしておきましょう。

それと「迅速魔」というスキルを使って蘇生魔法を使うやり方も覚えておきましょう。

「迅速魔」のスキルは発動中は1回だけ魔法の詠唱時間なしで使えることができます。

蘇生魔法のように時間がかかるものに関しては「迅速魔」などのスキルを併用するとすぐ魔法を使えることができますのでこの使い方も覚えておくと良いです。

ジョブクエストはクリアしておく

ジョブクエストをクリアしないと開放されないスキルもあります。

そのため、レベルを上げてもジョブクエストをクリアしないといつまでたってもスキルを覚えることができず、スキルを使えないということになりますので気をつけましょう。

管理人他のジョブですが、ジョブクエ後回しにしてて後で大量に覚えて困った記憶がありました。(笑)

『白魔導士』のレベル帯ごとの立ち回り

基本を押さえた上で、個人的なレベル帯ごとの立ち回りですが、管理人は以下の感じでやってます。

今まで自分が『白魔導士』をやってきた経験則というか個人の主観によるとこが多いので参考程度に見てもらえればと思います。

人によっては感じる部分も違うと思いますし、装備とかメンバーによっても変わってきたりしますので、自分なりに落とし込んで『白魔導士』のやり方というかコツを掴むのが一番です。

Lv15~Lv30あたりの『白魔導士』の立ち回り

ファイナルファンタジー14 白魔導士スキル画像2
Lv15以降から突入できる初めてのダンジョン「天然要害 サスタシャ浸食洞」~「奪還支援 ブレイフロクスの野営地」あたりまでの白魔導士(幻術士)は回復に関しては基本的に回復はケアルでいけると思います。

全体回復魔法としてメディカもありますが、そこまで使う機会はないかもしれません。

マッチングしたパーティのタンクにもよるところもありますが、どれぐらいで「ケアル」を使うといいかタイミングを覚えていきましょう。

それと、モンスターとPTメンバーへのターゲットの切替の仕方を練習しておきましょう。

最初は正直上手くできないかもしれません。管理人はそうでした。(笑)

管理人はPCでの操作のため、PC操作での話になりますが画面上のモンスターや味方をクリックしてターゲットを切り替えるよりは、「パーティメンバーリスト」や「敵対リスト」の名前をクリックして切り替えると多少は楽かもしれません。

デフォルトでは画面の左側にありますので、それをHUDレイアウトで画面の右側とかにもっていくともう少しやりやすくなるかも。

それと「エスナ」。

「トトラクの千獄の攻略と解放」でいくダンジョンでは、やたらと毒状態にさせられます。

ここは序盤のヒーラーには結構大変なとこかも。

特にタンクは毒+モンスターの攻撃を受けるとかなりの勢いでHPが削られていきますので「エスナ」で早いうちに毒を解除すると良いです。

状態異常に関しては序盤以降もちょくちょく解除が必要になる場面がありますので、「エスナ」も使いこなせるようにしておきましょう。

このレベル帯のダンジョンはヒーラーの基本的なところをおさえる練習にぴったりのダンジョンなので、練習も含めて通っておくといいかも。

Lv30~50あたりの『白魔導士』の立ち回り

ファイナルファンタジー14 白魔導士スキル画像5
ここらへんから「リジェネ」や「メディカラ」などのHot(継続して回復するスキル)の使い方を覚えていきましょう。

それと、この辺りまでは比較的レベルが上がるのも早いため、慣れるための時間も短いのがネックなのですが、回復魔法だけでなく、基本的なパーティメンバーへのターゲット切替の方法などの操作の部分でも慣れておくといいです。

「リジェネ」や「メディカラ」はスキルを使ったあとも一定時間徐々にHPを回復させます。

「リジェネ」に関しては詠唱時間がなく、すぐ味方にかけることもできるの使い勝手の良い回復手段になります。

この一定時間回復し続ける効果を考えて回復をつかっていくことで、戦闘中に自分が攻撃できる時間や余裕を増やすことができます。

「リジェネ」に関しては割と『白魔導士』の基本的なところにもなったりしますので、しっかりと「リジェネ」を使いまわすことを覚えておくといいです。

それと「リジェネ」を使うタイミングには注意しましょう。

「リジェネ」での回復も「敵視(ヘイト)」を高めることになります。

戦闘前にタンクに「リジェネ」をかけてしまうと、モンスターグループに近づいた時に一番最初にヘイトを自分がとってしまい、タンクがヘイトをとるのが大変になります。
(管理人最初これやってました(汗))

「リジェネ」を使うタイミング、切れたあとにもう一度かける、もしくは回復魔法で対処していくなど、ヒールワークを考えながらやっておくといいです。

「メディカラ」に関しては「リジェネ」の全体版みたいな感じになりますが、主にボス戦とかで重宝します。

この辺りからボスのPT全体への攻撃が増えてきたりしますし、序盤に比べて戦闘中も動く機会が増えてくるので回復するタイミングも測りながらすることになります。

そんな時、「メディカラ」は全体にかけることができるので、全体攻撃を受けた際(あるいは受ける直前)に使っておくと次の回復までが楽になりますので、Hotの使い方を覚えましょう。

それと補助スキルの「神速魔」。

魔法の詠唱時間の短縮と次の魔法を使うまでの待機時間を一定時間短くすることができます。

急な回復が必要になった時、蘇生をするとき、ホーリーで敵を一定時間連続でスタンさせたい時など、色々と使い道があるのでこのへんも使って使い方を覚えておくといいです。

後は「ケアルラ」単体で大きく回復させることができる魔法で、パーティメンバーがダメージを受けすぎた場合に一気に回復させたい時などに使います。

後は、ルーレットでいくと大体タンクがかなりのグループをまとめますのでその時の回復とかに結構使用しますが、使い過ぎるとMPがすぐなくなりますので注意しましょう。

連続で使用する場面ではルーシッドドリームと併用して使うといいです。

後は「ベネディクション」。

こちらはパーティメンバー1人をHPを最大まで回復する『白魔導士』特権だと思っている回復スキル。

緊急時によく使うスキルです。ダンジョンだとまとめ進行の時にタンクがHPを削られ過ぎて危ない場合に使うということが多いですが、次に使用できるまでの時間も長いので、
切り札的に使えるようにしておくといいです。

それと「ベネディクション」ですが、大体タンクの一定時間無敵になる技とセットという使われ方が多いです。(ナイトはちょっと別)

高難易度のコンテンツでよく見かける併せ技みたいな感じです。

今回の記事では高難易度のことは想定していないので割愛しますが覚えておいて損はないということと、ダンジョンでもまとめ進行の時に緊急時にタンクが無敵技を使うこともありますので、知っておくといいかも。

Lv50~Lv70あたりの『白魔導士』の立ち回り

ファイナルファンタジー14 白魔導士スキル画像3
ここからは魔法と違いアビリティ(?)系の回復手段が増えてくるので上手く活用していく必要があります。

「アサイラム」や「アサイズ」、「ハート・オブ・ソラス」など詠唱時間がなく、すぐ使えるかわりに1度使用すると次に使用するまでに時間がかかるといった形になるので、
どのタイミングで使うのが大事になってきます。

また「ハート・オブ・ソラス」などのヒーリング・リリーに属するスキルは積極的に使う癖をつけると吉。

Lv70以降の話ですが、レベル74で覚える『白魔導士』最大の攻撃スキルの「ハート・オブ・ミゼリ」はヒーリング・リリーに属するスキルを一定回数使うことで、使用できるスキルになるので、先に「ハート・オブ・ソラス」を使用して足りない分を他のスキルで補填するみたいなやり方にしておくといいかなと思います。

「アサイラム」ですが、こちらは特定の範囲に回復エリアを作るというものですが、かなり重宝しますので積極的に使っていきましょう。

このあたりのレベル帯から1回の敵グループの人数が4匹以上いるケースが増えてきますし、モンスターの攻撃も痛くなってきます。

体感ですが、「アサイラム」にタンクが入っている間はHPをかなり戻してくれますし、回復力も高いので前述のような時に使っていくとかなり楽だと思います。

エリアの設置時間もそこそこ長いので持続して高い回復力が維持できるのは強いです。

後は、討滅戦などでボスの強力な全体攻撃の時なんかに使ったりと『白魔導士』でかなり便利スキルなのでどんどん活用していきましょう。

最近というか前からかもしれませんが、ルーレットでダンジョンなんかにいくと複数グループをまとめての進行が多いです。

まとめ進行の場合、タンクのHPがガリガリ削られてきますので「アサイラム」や「リジェネ」を併用して使っていくといいと思います。

「アサイズ」は回復と攻撃を同時にできるスキルです。

攻撃できるというのが意外と知られていないので、複数のグループに囲まれている時などに使うと特に有効。

管理人は「アサイズ」で攻撃できるのを使えるようになってから随分後でしりました。(笑)

後は「ディヴァインベニゾン」。

こちらは一定量ダメージをカットしてくれるもの。こちらは使える時はどんどんタンクに使っておいて回復を楽にしてきましょう。

モンスターグループの接敵前とかに入れていても『敵視』は飛んでこないので、事前準備でかけておいても大丈夫です。

このあたりのレベル帯で『白魔導士』にとって有効なスキルがどんどん増えてきてどこでどう使うか考えどころが増えてきますので、自分なりに使うタイミングやコツを掴めるようにしていきましょう。

LV70~80あたりの『白魔導士』の立ち回り

ファイナルファンタジー14 白魔導士スキル画像4
2021/5月現在でメインパッチの最高レベル。

Lv50~70までの立ち回りで使ってきたスキル+ヒーリング・リリー関係のスキルを使いこなしていくこと、それと回復力を上げる補助スキルを覚えていくので事前に使ってから回復するということを覚えておくといいです。

「インドゥルゲンティア」「テンパラス」などの一定時間回復量を上昇させてくれたり、被ダメージを少なくさせてくれるスキルは回復魔法やスキルを使う前に入れておきましょう。

ダンジョンの雑魚戦よりはボス戦の全体攻撃前後で使うことが多いと思いますが、雑魚戦でもいれておくと余裕をもって回復させることができると思います。

それと普段から使っておくと、いざという時にすぐ使えますしね。

「テンパランス」は被ダメージ軽減効果もありますので、全体攻撃前に入れれるようにしておくと尚良し。

ただこれはボスの攻撃パターンとかを知っておかないと難しい話だと思いますので、ダンジョンや討滅戦を繰り返し通っていく中で使うタイミングを覚えていくと良いかなと思います。

後は『白魔導士』最大の攻撃スキル「ハート・オブ・ミゼリ」を使えるようにしていくこと。

Lv50~70あたりの話でも書いていますが、「ハート・オブ・ミゼリ」を発動させるためにはヒーリング・リリーに関連するスキルを使わなければいけません。

そのため、「ハート・オブ・ソラス」「ハート・オブ・ラプチャー」の2つを使っていく必要があります。

ここを上手にやりくりできるようになると上手な『白魔導士』かなっと思います。

「ハート・オブ・ミゼリ」を使うために積極的に上記2つのスキルを使っていくと良いですが、常に使用するのに良いタイミングがくるとも限らないし、使い過ぎていざという時の回復手段を減らすのも良くないので、バランスが難しいとこ。

個人的にですが、管理人はヒーリング・リリーの使用回数が溢れる時はとりあえず消費しているのと、タイミングにもよりますが常に1回分のストックは持つようにしています。

たまにですが、ガンガン消費してPTメンバーのHPをギリギリの状態で戦い攻撃に特化するヒーラーさんを見かけますが個人的には非推奨。
(回復量とかタイミング的に回復する必要がないなど計算されてやっている場合もあるので人によるとは思いますが…)

『白魔導士』に限らずヒーラージョブに共通ですが、やっぱり役割(ロール)が回復役なのでHPを回復してPTを安心させるというのが個人的には良いヒーラーさんだと思ってますので、過剰な回復は別ですが、管理人はPTメンバーのHPは減った場合は攻撃よりも優先してもどすようにしています。

そのため、PTメンバーのHPを充分回復させてから攻撃するという方向でヒーリング・リリーの回復をつかっていくようにしています。

このあたりはコンテンツにもよりますし、人によってそれぞれだと思いますので自分なりのスタイルを確立していくといいと思います。

個人的な『白魔導士』まとめ

なんだかんだ書いていたら長くなってしまいました。(汗)

色々と書いていますが、あくまで管理人自身の考え方とかやり方です。

それとメインストーリーでいくダンジョンを想定しての立ち回りなので、討滅戦とか高難易度のコンテンツだとまた違ってくる部分もあります。

最終的には自分がやりやすいと思うもの、自分なりにコツを掴んでスタイルを作っていきましょう。

やっぱりヒーラージョブの中ではピュアヒーラーということもあって回復スキルの多さや回復力の高さがありますので、初心者の方が初めてヒーラーをやるならおすすめのジョブです。

ただ、まだ慣れてない場合やルーレットでまとめ進行などに出会うったりするとキツく感じる時もあるかもしれません。

管理人もヒーラーやり始めの時は挫折した時もありましたが、今ではPTを生かすも殺すも自分次第なところが面白くて普通に遊んでいます。

初心者の方や遊び始めの頃は色々とアップアップになるかもしれませんが、その大変さも含めて楽しんでみて下さい。

それと『白魔導士』以外でのジョブでも遊んでみることをおすすめします。

結構他からの視点って勉強になったりするんですよね。

他にはFC(ギルド)みたいなものやCWLSといったグループに参加して気兼ねなく練習するとかいった方法もいいかもしれません。
(管理人は所属したことがないのでその辺りのことはイメージでしか話せないんですが…)

自分なりに色々と試しながらやっていきましょう!

それでは良きエオルゼアライフ・MMORPGライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする