じっくり遊べるおすすめ歴史シミュレーションゲーム|個人的に遊んでいるゲーム4選

スポンサーリンク

ども。管理人のあえんです。

今回はシミュレーションゲームの中でも歴史シミュレーションゲームで個人的に長いこと遊べた、遊んでいる作品の紹介記事になります。
っといってもKOEIシリーズが多めになりますが…汗

当ブログでもちょこちょこと色々なところで作品を紹介しており、それをまとめるのと後まだ紹介していない作品なんかを書いてます。

管理人みたいに戦国時代や三國志が好きな人なんかには、ゲームの展開に応じて脳内妄想で2重に楽しめるってのもポイントになります。笑
いわゆるキャラゲーみたいに自分の好きな武将を集めてオリジナルの軍団を作成しながら遊んだり、なるべく史実に即した戦い方を展開してみたりと、この手のゲームはプレイヤーの気持ち一つで色々な遊び方ができるので、長いこと楽しめるゲームジャンルだと思います。

それと不思議なのがなんとなく定期的に遊んでしまうんですよね。笑
ふとしたときに遊んでしまい、気づけば数時間が経過していたなんてことも結構ざらにあります。

管理人みたいに歴史に興味がある人、シミュレーションゲームが割と好きな人なんかにはおすすめできるので、一度遊んでみるといいかも。

それではご紹介。

信長の野望・革新 With パワーアップキット

出典:KOEI|信長の野望・革新 with パワーアップキット

◆ジャンル
歴史シミュレーションゲーム
◆対応機種情報
・Windows
・PlayStation2
・PSVita
・Wii

全国1枚MAPで繰り広げられるリアルタイムストラテジー(RTS)

出典:信長の野望・革新(公式サイト)

当ブログでも出現率の高い「信長の野望・革新 With パワーアップキット」

個人的に1番遊んでる歴史シミュレーションゲームです。

北は北海道(蝦夷)あたりから南は九州までの1枚MAPの中で天下統一を目指します。
(一応地方モードというものもあり、地域を限定したMAPでの遊ぶモードもある。)

本作はリアルタイムストラテジーの戦略シミュレーションゲームとなり内政と合戦が同じ時間軸で進むため、敵勢力の動向を見つつ、自分の勢力に何が必要かを考えて内政をしながら戦を仕掛けるといった形で進めます。

内政重視でのんびりとしていると気づけば他の勢力が大きくなりすぎて、自勢力では対抗できなくなって滅ぼされる。

なんてことも普通にあったりしますので、内政と合戦のバランス、敵勢力を拡大させないためにどうするかなど戦略性が割と高いシミュレーションゲームなのでハマればかなり長いことじっくり遊べる作品だと思います。

歴史シミュレーションとしてはイベントが発生して結果が反映されるという形になるので少し物足りないと感じる所もあるかもしれませんが、本作の場合は歴史シミュレーションとして見るよりも、戦国時代を舞台にした戦争シミュレーションゲームとしてみた方がいいかなと思います。

本作での特徴のひとつである「技術」の取得では適正のある武将3人で技術開発をすることで、合戦・内政に有利な状況を作ることができます。

武将の能力に応じて「技術」を取得できる日数が変わってきますので、いかに早く取得して自勢力に有利な状況をつくれるかがポイントになります。

能力の高い武将で技術開発を行えばその分早く、より有効な「技術」を取得できますが、「技術」開発をしている間は内政・合戦でもその武将を使用することはできないため、その間をどうやって凌ぐかも考えなければいけません。

特に人材不足の勢力だと、技術開発中は内政は捗らなかったり、攻められた場合に戦える武将がいなくて防ぎきれなかったりと苦しむこともあります。

リアルタイムストラテジーなだけあってそのへんのゲーム性は結構面白いポイントかなと思います。

他にも、キャラゲーとしてみても本作の魅力です。

他家を降伏させたり、城を攻めて滅ぼすことで自分の勢力へ登用することができるので、オリジナル武将軍団を編成して、脳内妄想で楽しむことができます。笑

シミュレーションゲームとして個人的にかなり長いこと遊べましたし、今でもふとしたときに遊んだりすることもあるので、戦国時代に興味があって、シミュレーション好きな人は一度遊んでみるといいかもしれません。

個別記事も書いてますので良ければどうぞ。

三国志13 With パワーアップキット

三国志13 with パワーアップキット

出典:三国志13 with パワーアップキット

◆ジャンル
歴史シミュレーション
◆対応機種情報
・Windows
・PlayStation4
・PlayStation3
・Xbox One
・Nintendo Switch™
・PlayStation®Vita

武将個人プレイが充実した三國志シリーズ

三國志13 with パワーアップキット イメージ2

出典:三國志13 with パワーアップキット|戦闘

メインはリアルタイムストラテジー型の歴史シミュレーションゲームになります。
三國志を舞台にした歴史シミュレーションゲームで、かなり個人プレイに特化した遊び方ができる作品です。

1つの勢力で忠義を尽くすもよし、傭兵みたいにたくさんの勢力に仕えるのもよし、流浪の身となって都市を守る侠客となるもよし、賊となって都市をあらすのもよし、
国を興して天下統一を目指すのもよし、商人として金銭で各勢力を操るもよし、と様々なロールプレイができるため繰り返し遊べる楽しさがあります。

「威名」と呼ばれるシステムがあり、この「威名」に上記のようなロール(役割)があるため自分がどう三國志の世界で生きていくかを選べます。

大体の「威名」では天下統一をすることがクリア要件になりますが、クリア要件が異なるものもありそこもポイントの一つかなと。

大体この手のゲームは天下統一でクリアとなるゲームが大半だと思いますが、”名声”や”悪名”を得ることを目的としたり、一定の金銭を所持することだったりと「威名」によって条件が変わりますのでそのあたりは新鮮さを感じながら遊べました。

「威名」システムですが、遊んでいる途中で「威名」を変えることもできるので、1プレイで色々と遊び方を変えれる自由度があるのも良かった点。

刻々とCPU勢力が拡大していきます。その中で状況に応じて遊び方を変えれるので自分なりの楽しみ方を作ることができます。

脳内妄想が得意な人にはおすすめできる作品になるので、ぜひ三国志を舞台に生き抜いてみて下さい。笑

個別記事も書いてますのでよければどうぞ。

三国志9 with パワーアップキット

出典:三國志Ⅸ with パワーアップキット

◆ジャンル
歴史シミュレーションゲーム
◆対応機種情報
・PlayStation
・PSP
⇒「三國志Ⅸ」をPs Storeで確認する

セミリアルタイム制によるシンプルで楽しめる三國志シミュレーション

出典:三國志Ⅸ with パワーアップキット

こちらは各勢力の当主となって天下統一をするタイプ。

セミリアルタイム制となり、「戦略フェイズ」と「進行フェイズ」とわかれており、
戦略フェイズでは、都市の財政・食料の内政面から、部隊編成や出陣中の部隊への支持をする合戦までの指示をします。

戦略フェイズを終了すると一定時間「進行フェイズ」へと切り替わります。

「進行フェイズ」ではオート進行で進むのでプレイヤーは指示を出した部隊を見守るだけになります。これが意外と面白いんですよね。

合戦をしている部隊では一騎打ちが行われたり、部隊が所持している戦法が発動したりするのですが、結構熱中して見てられるんですよね。

細かい指示ができないからこそ、見守るのにも力が入るというか。

グラフィック的には今のゲームと比べると古臭く、システム的にも少し不便なところはありますが個人的には全体的にスルメゲーみたいで、やればやるほどハマっていった作品になります。

他にも、戦いが終了した後に特定の武将が兵士の中から抜擢したオリジナル武将を連れてきます。

最初の数か月は連れてきたオリジナル武将の育成期間があり、師事させる武将やある程度の育成方針を決めることができます。

こちらもある程度ランダム要素になるため、育成期間が終わり配下になるまでは見守る形になります。

たまに、育成期間中にそのまま旅立ってしまったりする場合もあり、配下に加わるまでは安心できないところもありますが、これはこれで面白いとこでもありました。

合戦でもそうですが、所々ユーザーが介入できない部分があり、そのバランスがちょうど良いバランスで面白さを持っています。

最近のゲームでシステム的に複雑すぎて疲れてしまっている人なんかには、ちょうど良いシミュレーションゲームになると思いますので興味があればぜひ遊んでみて下さい。

三十六計M

計略を駆使してユーザーとの戦闘を楽しめる歴史シミュレーション

三十六計M イメージ

さてこちらはスマホで楽しめる歴史シミュレーションゲーム。

上記で紹介した作品とは違い、外出先でも遊ぶことができるスマホアプリです。

管理人が最近遊び始めたものでスマホで遊ぶことのできる手軽さの中に戦略性があったりするためしっかりと楽しめる作品かなと。

まだリリースされて間もないスマホアプリなので割りとホットなゲームです。

群雄割拠している三國志が舞台で、一人の将軍として『三十六計』を集めながら天下統一を目指していく物語になります。

タイトルから連想しやすいですが『三十六計』を使ってクエストやユーザー同士の戦いを楽しめます。

この戦闘が、結構戦略性があったりして手軽さの中にしっかりと遊ぶ要素になってるかなと。

戦闘ですが、戦闘前に”前衛”・”中衛”・”後衛”と3人自分の好きな武将を配置し、戦闘で使用する三十六計を選択して準備完了になり戦闘を開始します。

後はオートで戦闘が進んでいくので進行を見守るだけになりますが、武将それぞれに特有のスキルがあり、また選択した『三十六計』によっても戦いに違いが出てきますのでその組み合わせを考えるだけでも面白いものがあります。

武将のスキルを考えながら自分だけのオリジナル部隊を組めるのも脳内妄想が好きな人には遊ぶのが捗る要素かなと。

武将の入手ですが、ガチャだけでなくクエストで武将の欠片(かけら)を集めることで入手することもできるので、結構良心的。

地道にコツコツと続ければ入手できたりするため、ゲームでの採取や収集要素を求めている人にも向いています。

他にも、スマホアプリということもあり他のユーザーとの戦いや領土の奪い合いなんかも楽しめたりするので、オンライン要素も含めるとかなり長いこと遊べるスマホアプリです。

自分の所有地には様々な武将を強化する施設があり、施設を強化するために金策に励んだりしたり、武将だけでなく武将に指揮させる兵士の強化もあったりと1人の将軍として遊べる要素が多くあります。

スマホで手軽に起動できる割にはゲームとして遊べる要素がかなりありますので、歴史好きな方は一度インストールして遊んでみるといいかも。

三十六計M

三十六計M
開発元:YOOZOO (SINGAPORE) PTE. LTD.
無料
posted withアプリーチ

最後に

KOEIの歴史シミュレーションゲームって信長の野望シリーズや三國志シリーズだけでもかなりの数がありますし、結構、1作品毎にシステムが違ってますのでこういうジャンルが好きな方には自分にあった1本を探す楽しみがあります。

一応紹介した作品は管理人が今までに遊んだシリーズの中で特にハマったものを紹介していますが、好みによっては合わないってなるかもしれません。笑

他のシリーズ作品も調べてから購入するのがおすすめです。少し前のシリーズなら割と手ごろな値段でも販売されていますので。

スマホアプリの方は基本無料で楽しめるゲームになりますので一度遊んでみて雰囲気とかが合うかどうか試してみるのもいいかも。

脳内妄想が得意な方にはこの手のゲームは何度でも遊べるゲームだと思いますので、じっくり楽しめるゲームを探しているなら、ぜひ手に取って遊んでみて下さい。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする