3DS/DSでおすすめRPG系ソフトで個人的に面白かった9作品を紹介

ゲーム
出典:デビルサバイバー オーバークロック|DEVIL SURVIVOR OVER CLOCK 紹介ページ
スポンサーリンク

ども。ライトなおじさんゲーマーのあえんです。

今回は3DS/DSで管理人が今までプレイしてきたソフトでじっくり楽しめたおすすめおのRPGソフトを紹介してます。

3DSの販売自体はもうずいぶん前のことになり、2023年3月下旬には任天堂の3DSでのeショップサービスなどが終了予定で寂しい限りですが、個人的にはまだまだ現役の本体。

今なら3DS/DSの中古販売とかも充実しているので結構お手頃な値段でソフトや本体も購入しやすく、ちょっと昔のゲームを遊びたいって人にはコスパ良く楽しめるハードだと思います。

管理人みたいに最近のアクション性の高い高グラフィックゲームに疲れた人にも、箸休めにはちょうどいいかも(笑)

今回記事で紹介してる作品以外でも調べれば面白そうな3DSソフトもたくさんありますので、遊び倒すのもいいかもしれません。

管理人はまだプレイ本数自体は少ないですが、充分3DSで楽しませてもらってます。

なかなか日々の生活のなかでがっつりとプレイする時間はとれませんが、携帯機ならではの特徴である、ちょっとした空き時間にすぐプレイできてすぐ中断できるというのを活かしてコツコツとRPGを進めています。

30~40代の方には結構遊びやすい作品が多いと思いますので、気になるものあれば遊んでみるといいと思います。

それでは紹介していきましょう。

スポンサーリンク

アライアンス・アライブ

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) アライアンス・アライブ
ジャンル RPG
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー FuRyu

どこか懐かしさも感じつつ物語を楽しめる『アライアンス・アライブ』

9人の主人公たちが序盤はそれぞれの視点での物語から始まり、中盤あたりから合流して壮大なストーリーにつながっていくRPGソフト。

管理人と同じ30代ぐらいの人には懐かしく感じる部分があちこちにあったりします。(笑)

戦闘システムは『ロマサガ』シリーズにアレンジが加わっている感じのターン制バトルで、戦闘中に技を閃いたり、パーティの陣形を選択して戦闘中に補正をつけたりと昔馴染んだシステムがあり色々と思い出させてくれます。笑

新しさという点では、移動手段だったり、「資質」と呼ばれるステータス補正をつけることで技を閃きやすくしたり、戦闘中のSP消費を低くできたりと、細かいところでキャラ育成要素が充実。

また、世界観というか雰囲気も個人的には好きでした。

3DSということもあってグラフィックが全体的に懐かし感じられるので、スーファミぐらいのRPGを楽しんでいた方には結構雰囲気が合うのではないでしょうか。

序盤は主人公が切り替わりながらストーリーが進んでいきますが、中盤以降のキャラが集合してからの世界の謎に迫っていくストーリーは結構楽しめたのでストーリー好きな人も遊んで損はない作品かなと。

デビルサバイバー オーバークロック

真・女神転生の面白さをまま、シミュレーションRPGへ昇華した、人気SRPGシリーズ第一弾。

—-封鎖された東京で生き残れ、首都崩壊まで、あと7日。

出典:女神異聞録デビルサバイバー|アトラス公式サイト

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) デビルサバイバーオーバークロック
ジャンル サバイバル×ドラマチックRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー ATLUS

悪魔を駆使して戦うSRPG

アトラス作品で悪魔を仲魔にして合体したり、スキルを覚えさせたりして強化しながら戦うSRPGゲーム。

150体以上の悪魔がいてそれぞれ特徴があり、育成や戦闘も楽しめます。

アトラス作品の中でも結構色々なところで評価が良いので、遊んでみて損はないかも。

元は「女神転生異聞録 デビルサバイバー」のリメイク作品で、シナリオや悪魔の種類が追加されているため、過去作遊んだことの有る人でも楽しめるのではと思います。

個人的にアトラス作品は独特の世界観とその戦闘や育成が特徴的なので、これが初めてのアトラス作品の方でも雰囲気があえばハマれるのではないかなと。

ストーリーも面白いというか濃い。

東京が封鎖され、1日1日と経過していく中で主人公の行動によって結果が変わるマルチエンディング方式で期間も7日のため、周回しやすく、ストーリーもダークではありますが続きが気になるような混沌とした世界なので楽しめました。

ファイアーエムブレム 覚醒

出典:ファイアーエムブレム 覚醒 : 『ファイアーエムブレム 覚醒』とは

数々の戦いの果てにあなたと自警団は、やがて未来をかかけた、大きな争乱に巻き込まれていく…

出典:ファイアーエムブレム覚醒:物語と世界観

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) ファイアーエムブレム 覚醒
ジャンル ロールプレイングシミュレーション
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー 任天堂

初心者からシリーズ好きな人まで幅広くプレイしやすくなったファイアーエムブレム

ファイアーエムブレムシリーズで、今のファイアーエムブレムの雰囲気の元になっているといわれている作品。

ファイアーエムブレムシリーズは、「聖戦の系譜」以降はプレイしてなかったのですが久しぶりに3DSでプレイしましたが、懐かしい感覚とともにまた熱を戻させてくれた作品になりました。

SRPGソフトで、味方ユニット別にクラス(職業)が存在し、クラスの特性やスキルを活かしながらマップをクリアしていくのがファイアーエムブレムシリーズの特徴の1つですが、ファミコンやスーパーファミコンのシリーズ作品と比べるとですが遊びやすくなっていました。(あたりまえっちゃあたりまえなんですが・・・)

新規の方でも遊びやすいと思いますので、初めてシリーズ作品に触れるかたにもちょうどいいのではと思います。

ユニット同しで連携して戦うことができる「デュアル」やユニットをペアにする「ダブル」システムのように昔の作品しか遊んでない方でも新鮮さを感じられる部分があり、SRPGとして戦略というかやれることが増えているので戦闘部分でも楽しめやすいかも。

他にも難易度の選択や敵ユニットに味方ユニットが倒されても消失しないようにする「カジュアルモード」の選択や、結婚システムによる親子2代にわたるユニットも使うこともできるので、初心者からシリーズ好きな人でも遊びやすくなっているので個人的にはファイアーエムブレム作品の中ではおすすめの作品。

ストーリーは個人的にはちと微妙なところでしたが、それでもSRPGとして充分楽しめるソフトだと思います。

ステラグロウ

失ったはずの「歌」の力を行使する5人の魔女。

立ち上がる王立騎士団。

戦いの火蓋が切られようとしていた。

出典:ステラグロウ公式サイト|スペック|セガ

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) STELLA GLOW(ステラ グロウ)
ジャンル 剣と魔法のメロディアスSRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー 株式会社セガゲームス

王道ストーリーとBGMを楽しめるSRPG

新規作品で調べている時にちょくちょく名前を目にしたので購入して遊んでみたソフト。

個人的には奇麗にまとまってる王道ストーリーなシミュレーションRPGって感じです。王道をゆくストーリーを楽しみたい方にはおすすめ。

 

少しネタバレになりますが、ストーリーとしては魔女だけに許された歌の力で世界を救うという展開で、最初は魔女を探すところから話が始まって、魔女が集まったらひと悶着あって、世界の破滅をふせぐために規模の大きい戦いに身を投じていくという感じになりますが、各シーン「王道」な感じが強いです。(笑)

他にも最後は仲良くなったキャラとの後日談があるなど、一通り「王道」要素がそろっているので安心してゲームを進めれるのも良い点。

ゲームシステムもシンプルでわかりやすく、昔ながらのSRPGって感じなのでゲームが不慣れな人でもわかりやすいと思いますが、その反面ゲームに慣れちゃてる人にはものたりないかも。

歌を題材にしている作品だけあって、プレイ中にながれてくる歌やBGMも良曲が多いので、歌とBGMを聞くために遊んでみるのもあり。(笑)

ファイアーエムブレム Echos もうひとりの英雄王

にわかに大陸を覆う戦乱の波。

それぞれの思いを胸に、ふたりは平和を求めて立ち上がる‐。

出典:ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王:本作について

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) ファイアーエムブレム Echos もうひとりの英雄王
ジャンル ロールプレイングシミュレーション
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー 任天堂

遊びやすくなったファイアーエムブレム外伝のリメイク作品

ファミコン作品の「ファイアーエムブレム外伝」を3DSソフトにリメイクした作品です。

管理人は昔ファミコン版の方を遊んだことはありましたが、当時は小学高学年ぐらいでクリアできなかった覚えがあります。

3DSソフトとしてリメイクされたので次こそはクリアしようかなっと思い購入してプレイ。

「ファイアーエムブレム 覚醒」にも有るシステムにもなりますがこちらの作品も難易度選択や、
味方ユニットが死んでも消失しないようにできる「カジュアルモード」など、今までファイアーエムブレム作品を遊んだことがないよって人でも気軽にできるようなシステムになっているので、管理人みたいに昔投げだしてしまった方にはおすすめ。(笑)

管理人は難易度ノーマルモードで遊びましたが、ノーマルモードでも油断すると味方ユニットが撃破されてしまうのでノーマルで遊んでも結構歯応えがあり、なんだかんだ熱中して今回は無事クリアできました。(笑)

クリア後にもやり込み要素なマップもありますので旧作品を振り返るには良いファイアーエムブレムだと思います。

FCとかSFCの作品は今だと遊ぶまでのハードを揃えるのが大変なので、こういうリメイク作品で遊べるのは個人的にはありがたかったです。

世界樹の迷宮Ⅱ 諸王の聖杯

出典:世界樹の迷宮Ⅱ 諸王の聖杯|アトラス公式サイト 出典:世界樹の迷宮Ⅱ 諸王の聖杯|アトラス公式サイト

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) 世界樹の迷宮Ⅱ 諸王の聖杯
ジャンル ダンジョンRPG
対応機種 ニンテンドーDS/3DS
メーカー ATLUS

長寿シリーズとなったDRPG(ダンジョンRPG)

最近は新作でてませんが、長く続いているアトラスのDRPGシリーズの「世界樹の迷宮」。

DRPG(ダンジョンRPG)系のゲームで遊びやすいシリーズですが、その中でも結構難易度が高いと評判なのが、こちらの「世界樹の迷宮Ⅱ 諸王の聖杯」。(DSソフトです)

戦士や剣士、ガンマンなど職業が用意されていて、パーティメンバーを自由に構成して「世界樹」と呼ばれる巨大なダンジョンを攻略していくゲームになりますが、DRPG系のゲームを初めてやるにはとっつきやすいシリーズなので初めての方にはおすすめ。

おすすめなんですが、こちらで紹介している作品はあまり初心者に優しくないってことで評判なので、もしどんな感じかしりたいのであればシリーズの中でも新しい作品から遊んでいくといいかもしれません。(笑)

管理人はちょっと難しいやつやってみるかってことで本作から入りましたが実際クリアするまで結構かかりました。

絵柄とか雰囲気はほのぼしてるところもあったりしますが、リソースを考えてダンジョンを踏破していかないとあっさり全滅するので評判。

序盤から、特定の勝てないモンスターがウロウロ徘徊していたり、思うようにすすめないダンジョン内のトラップなどトライ&エラーを繰り返しやっていく必要があるので長いこと遊べちゃいます。(笑)

また、シリーズの特徴であるプレイヤー自身で世界樹の迷宮の地図を作成していきますが、これがハードの特徴をしっかりと使えているのも面白い。

ここで落とし穴におちたとか、ここに階段があるとか記号やちょっとしたメモを3DSの画面に順に書きこんでいくといった感じで進めていけるので没入感も高め。

ダンジョンを踏破している感が強いですのでじっくりやりたい時に遊ぶといいDRPG作品。

真・女神転生4

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) 真・女神転生4
ジャンル RPG
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー ATLUS

神と悪魔と人間の新しい物語

アトラス作品でお馴染みの女神転生シリーズが3DSでプレイできます。

悪魔を合体、スキルを継承させて自分好みのパーティを作りあげ、混沌とした世界を進んでいくRPGです。

女神転生シリーズに言えることですがこの悪魔と混沌とした世界観が面白い。

結構コアな方がやるシリーズ作品のイメージがある「女神転生」シリーズですが、個人的には女神転生シリーズの中でも新規向けかなって気がします。

管理人もシリーズ自体はあまりプレイしたことのない時期に遊んだソフトですが、遊びやすく楽しめました。

クリア後に知りましたが、悪魔合体や他システム部分でちょっと色々と評価がわかれている作品でしたが、個人的には特に気にならず普通に楽しめていたので、管理人みたいに比較的「女神転生」シリーズにあまりふれてこなかった人には良い作品ではないかなと思います。

戦闘面は選択した難易度にもよりますが、仲魔の構成とかスキルを考えていかないと結構あっさり全滅します。

本作品では相手の弱点をついた攻撃をすると攻撃回数を増やすことができる戦闘システムですが、相手にも適用されるため、相手から弱点をつかれると攻撃を受け続けて全滅なんてこともあります。

システムに慣れればパーティ編成やスキル編成を考える楽しみも出てくるので個人的には慣れるまでトライ&エラーを繰り返してプレイすることをおすすめします。

歯応えあるRPGソフトをプレイしたい人なんかにもおすすめ。

別途記事書いてますのでよければどうぞ。

 

『真・女神転生Ⅳ』3DSで遊べる新規さんに遊びやすいシリーズ作品|個人的な感想やレビューなど
ども。管理人のあえんです。 女神転生シリーズで比較的新しい「真・女神転生Ⅳ」の紹介と個人的な感想をまとめています。 ども。ライトなおじさんゲーマーの管理人です。 こちらはひと昔前に書いた記事のリライトです。 今回は女神転...

真・女神転生4 FINAL

”神殺し”の運命を背負わされた少年がつきつけられる過酷な選択。

絆か、それとも皆殺しか‐。

出典:真・女神転生4 FINAL(ファイナル)‐公式サイト

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) 真・女神転生4 FINAL(ファイナル)
ジャンル RPG
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー ATLUS

真・女神転生4ここに完結!

先程の「真・女神転生4」の続編作品。基本的なシステムは変わっていませんが、細かい部分で改善されていて、前作と比べると好評が多いです。

ストーリーとしては前作品の終盤からになり、新しい主人公で前作の主要メンバーと関わりながら混沌とした世界を別視点で進んでいく感じです。

前作をプレイしてなくても楽しめますが、前作をプレイしていると登場人物に感情移入しやすいというか前作で遊んだところで関わりのある部分がでてきて、「おっ!?これは」と思うところもありますので、個人的には前作とあわせて遊ぶことを推奨。

戦闘システムなどは前作と大きな違いはないので、そのままスッと入っていけると思います。

ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー

項目 内容
タイトル(公式サイトリンク) ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー
ジャンル ファンタジーRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
メーカー ATLUS

時空を移動し運命を切り開くファンタジーRPG

前作ソフトにあたる「ラジアントヒストリア」を3DSでフルリメイクしたRPGソフト。

管理人は通常?の「ラジアントヒストリア」しかプレイしてませんが、ストーリーが面白くて熱中してプレイしてます。

いまだと「ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー」が出てるのでこちらで紹介。

アリステル王国の凄腕、諜報員の主人公ストックが「白示録」と言われるアイテムで時空を超えて世界線をいったりきたりしてストーリーを進んでいくタイムリープっぽい作品ですがこれがまた面白い。

色々なところで物語の選択肢が用意されていて、選択によって展開がかわったり、即ゲームオーバーだったりと物語をつくっている感じがあります。

個人的な体感にはなっちゃいますが、タイムリープみたいなものってストーリー面白いもの多いですよね。

ある世界で行き詰まった場合は違う時空世界へ移動して問題を解決し、また、移動する前の時空世界に戻り問題を解決するといった形で複数存在する世界をいったりきたりしながらストーリーを進めていきますが、先が気になる展開が多いので続きが気になってどんどん進めてしまっていました。(笑)

今回のリメイクでは「亜伝」などの前作までになかった新要素が結構追加されているみたいなので、今から遊ぶ方はこちらの作品で遊んだ方がより楽しめると思います。

最後エンディングは個人的にかなり好きで締めくくりとして非常に良いのでストーリー好きな人は是非遊んでみて下さい。(笑)

番外編 スマホ(携帯機)で楽しめるRPG

少し話はそれますが、3DS/DSのように携帯機というかスマホでも個人的に楽しんでいるRPGを記事にまとめていますので、よければこちらの記事も併せてどうぞ。

最後に

とりあえず、管理人が今までプレイしたきた3DSのRPGソフトを記事にしてみましたが、
改めて見返すと有名どころが多いですね。

それだけ、万人受けしやすいのかな?
割と王道な作品が多いので気軽に楽しみたいって方にはいいかも。

他にも気になる3DS/DSソフトが結構あるので、また遊んだら随時更新していこうかなと思います。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました