じっくり遊べるおすすめ歴史シミュレーションゲーム|個人的に楽しめたゲーム作品5選

ゲーム
出典:信長の野望・革新公式サイト

ども。管理人のあえんです。

今回はシミュレーションゲームの中でも歴史シミュレーションゲームで個人的に長いこと遊べた、遊んでいるおすすめのゲーム作品の紹介記事になります。

っといってもKOEIシリーズが多めになりますが…汗

管理人みたいに戦国時代や三國志が好きな人には、ゲームの展開に応じて脳内妄想で2重に楽しめるってのもポイントになります。(笑)

いわゆるキャラゲーみたいに自分の好きな武将を集めてオリジナルの軍団を作成しながら遊んだり、なるべく史実に即した戦い方を展開してみたりと、この手のゲームはプレイヤーの気持ち一つで色々な遊び方ができるので、じっくりと遊ぶ分にはもってこい。

それと不思議なのがなんとなく定期的に遊んでしまうんですよね。(笑)

ふとしたときに遊んでしまい、気づけば数時間が経過していたなんてこともザラにあります。

管理人みたいに歴史に興味がある人、シミュレーションゲームが割と好きな人にはおすすめできるジャンルであり、個人的なおすすめ作品を紹介していますので気になる作品があればぜひ遊んでみて下さい。

信長の野望・革新 With パワーアップキット

出典:KOEI|信長の野望・革新 with パワーアップキット

タイトル 信長の野望・革新 パワーアップキット
ジャンル 歴史シミュレーションRTS
対応機種 PC / PS2 / PS Vita /Wii

シリーズ初の3D1枚マップを採用し、3Dで表現された日本全国を舞台に城下の発展や堅固な城を巡る攻防戦、瀬戸内を舞台にした大海戦がリアルタイムで繰り広げられます。

また、80種類以上の技術を開発できる「技術革新システム」や、パワーアップキットで追加となった「南蛮技術」、「諸勢力」などの多彩なシステムを搭載。これらを巧みに活用した深い戦略性や、緊迫の駆け引きをお楽しみいただます。

出典:信長の野望・革新 woth パワーアップキット|Steam版

全国1枚MAPで繰り広げられるリアルタイムストラテジー(RTS)

出典:信長の野望・革新(公式サイト)

個人的に1番遊んでる歴史シミュレーションゲームです。

本作はリアルタイムストラテジーの戦略シミュレーションゲームで全国1枚MAP上で内政と合戦が繰り広げられます。

内政も合戦も同じ時間軸で進むため、敵勢力の動向を見つつ自勢力を動かしていきます。

また、内政重視でのんびりとしていると気づけば他の勢力が大きくなりすぎて、あっという間に飲み込まれることも…

結構スピード感をもってプレイしていかないといけないのでその分少しテンポ良く遊べます。

初めてこの手のゲームをやる人には少し難しいかもしれませんが、慣れてくると非常に面白く気付けば数時間たっているなんてこともあります。(体験談)

歴史シミュレーションとしてはイベントが発生して結果が反映されるという形になり、IFイベントもないのでイベントとしては少し淡泊かもしれません。

本作の場合は歴史シミュレーションとして見るよりも、戦国時代を舞台にした戦争シミュレーションゲームとしてみた方がいいかなと思います。

 

本作での特徴のひとつである「技術」の取得では適正のある武将3人で技術開発をすることで、合戦・内政に有利な状況を作ることができます。

武将の能力に応じて「技術」を取得できる日数が変わってきますので、いかに早く取得して自勢力に有利な状況をつくれるかがポイントになります。

能力の高い武将で技術開発を行えばその分早く、より有効な「技術」を取得できますが、「技術」開発をしている間は内政・合戦でもその武将を使用することはできないため、その間をどうやって凌ぐかも考えなければいけません。

人材不足の勢力だと、技術開発中は内政・合戦と苦しんだり…

そのあたりのやり繰りや技術開発に必要な人材をどう集めるかといったところも面白くシミュレーションゲームとして個人的にかなり長いこと遊んでいます。

今でもふとしたときに遊んだりするぐらい不思議な魅力がありますので興味があればぜひ1度遊んでみて下さい。

◆関連記事

 

『信長の野望 天道 with パワーアップキット』の紹介

タイトル 信長の野望・天道 パワーアップキット
ジャンル 歴史シミュレーションRTS
◆対応機種 PC / PS3 / PS Vita

切り拓け、天下への道
―――時は戦国、群雄割拠する動乱の世。
信念をもって、国を治め、信念をもって、世を勝ち取らん。生きよ、己の信ずる道を。激動の時代を翔けた、武将たちの戦国絵巻。軍略、内政を一新した、待望のシリーズ13作、ここに登場!
出典:シミュレーションゲームソフト 信長の野望・天道|ソースネクスト

「信長の野望」シリーズ13作目の作品!「革新」を全体的にマイルド進化させた歴史シミュレーションゲーム

『信長の野望・革新』同様にRTS(リアルタイムシミュレーション)ゲームで、全国1枚MAP上で各地でNPCが勢力の拡大を繰り広げるタイプのものです。

こちらも『信長の野望・革新PK』同様パワーアップキット版をSteamでダウンロード購入して遊んでいますが、面白い。

『信長の野望・革新PK』を楽しめている人には最初こそシステムの違いに戸惑うものの、慣れてくると楽しめる作品だと個人的には思うのでおすすめ。

また、プラットフォームも割と幅広く対応していて遊びやすいのも良い点。

少し前の作品になりますが、お値段もそこそこします。

本作の特徴でもある「道」をいかに整備していくかが重要になりますが、「道」以外にも「信長の野望・革新」同様に「技術」だったり「文化」だったりと要素がありますので、じっくり楽しめると思います。

管理人の感想としては「革新」を全体的にマイルド調整した感じですが、「天道」は「天道」でまた違った面白さを楽しめています。

個別で個人的な評価記事も書いてますので興味あれば読んでみて下さい。

「信長の野望・革新」よりも部隊編成に頭を悩ましたりして、キャラゲーとしての側面も強く、天下統一まで時間がかかりますのでじっくり歴史シミュレーションゲームを遊びたい時はおすすめの作品。

◆関連記事

 

三国志13 With パワーアップキット

配下のいち武将から君主まで、シリーズ最多700名から好きな武将を選んで思い思いに三国志を駆ける“全武将プレイ”を導入。

プレイヤーをはじめとした武将たちの存在感や関係性がひと目で分かる「相関図」や、内政や戦闘で大きな影響力を及ぼす「絆」が、それぞれの立場で激動時代を生きる人間たちのドラマを描きます。

出典:三國志13

タイトル 三国志13 With パワーアップキット
ジャンル 歴史シミュレーションRTS
対応機種 PC / PS3 / PS Vita / Xbox /Switch

武将個人プレイが充実した三國志シリーズ

三國志13 with パワーアップキット イメージ2

出典:三國志13 with パワーアップキット|戦闘

メインはリアルタイムストラテジー型の歴史シミュレーションゲームになります。
三國志を舞台にした歴史シミュレーションゲームで、かなり個人プレイに特化した遊び方ができる作品です。

1つの勢力で忠義を尽くすもよし、傭兵みたいにたくさんの勢力に仕えるのもよし、流浪の身となって都市を守る侠客となるもよし、賊となって都市をあらすのもよし、
国を興して天下統一を目指すのもよし、商人として金銭で各勢力を操るもよし、と様々なロールプレイができるため繰り返し遊べる楽しさがあります。

「威名」と呼ばれるシステムがあり、この「威名」に上記のようなロール(役割)があるため自分がどう三國志の世界で生きていくかを選べます。

大体の「威名」では天下統一をすることがクリア要件になりますが、天下統一とは違ったクリアもあるのがこの『三國志13 with パワーアップキット』。

クリア条件があっさりしていたり、ちょっと淡泊なものもありますが遊び方に幅をだしやすいので、脳内妄想しながら遊ぶのが好きな人にはおすすめの歴史シミュレーションゲーム。

「威名」システムですが、遊んでいる途中で「威名」を変えることもできるので、1プレイで色々と遊び方を変えれる自由度があるのも良い点。

刻々とCPU勢力が拡大していきます。その中で状況に応じて自分なりに楽しめる舞台をつくって三國志の世界を生き抜いてみて下さい。

 

◆関連記事

 

三国志9 with パワーアップキット

出典:三國志Ⅸ with パワーアップキット

タイトル 三国志9 with パワーアップキット
ジャンル 歴史シミュレーション
◆対応機種 PlayStation / PSP

『三國志IX』は、2~3世紀の中国における魏・呉・蜀三国時代を舞台に、プレイヤーが三国時代の群雄に成り代わり中原の覇者を目指す戦略級シミュレーションゲームです。

PSP®版「三國志」シリーズとしては初めて中国大陸全土を1枚マップで表現、内政と戦争を同一マップ上で行えることで、戦略性が増しています。

出典:コーエーテクモ the Best 三國志Ⅸ with パワーアップキット|ソフトウェアカタログ|プレイステーション オフィシャルサイト

⇒「三國志Ⅸ」をPs Storeで確認する

セミリアルタイム制による三國志を味わえる歴史シミュレーションゲーム

出典:三國志Ⅸ with パワーアップキット

三國志シリーズもいくつもありますが、個人的におすすめするならこちら。

セミリアルタイム制となり、「戦略フェイズ」と「進行フェイズ」とわかれており、
戦略フェイズでは、都市の財政・食料の内政面から、部隊編成や出陣中の部隊への支持をする合戦までの指示をします。

「戦略フェイズ」後に「進行フェイズ」へと切り替わりますが、こちらではプレイヤーがだした指示に従って動く部隊を見守るだけになります。

このセミオートでの進行が結構ハラハラさせられたり、もどかしさを感じさせられたりしますが、これが面白い。
細かい指示ができないからこそ、見守るのにも力が入るというか。熱中させられます。(笑)

合戦では勝手に一騎打ちが展開されたり、武将が取得している特技が発動したりしてその進行具合に結構熱が入ってしまいます。

グラフィックやシステム的に、今のゲームと比べると古臭く、不便なところはありますが今遊んでも面白い。

スルメゲーみたいな面白さがあるので要領を得てくるとドンドンのめりこめる『三國志Ⅸ』。

また、武将の育成要素も色々あり特技の取得から能力の成長などもでき、ゲーム開始時の設定にもよりますがオリジナル武将の登用や育成もできます。

こちらもランダム要素で育成に成功して配下になったり、途中で出奔したりしてしまいますがそのあたりの細かいところで指示を出せない歯がゆさが面白いので、

1から10まで指示を出すのが少し手間だと感じる方にはおすすめの三國志歴史シミュレーションゲーム。

関連記事

歴史シミュレーションだけでなくシミュレーションRPGなど古く懐かしいものが多いですが、まとめた記事もありますのでよければどうぞ。

番外編 スマホでも楽しめる歴史シミュレーションゲーム

さて今までは個人的におすすめしたい歴史シミュレーションゲームをCS(コンシューマーゲーム)のものを紹介しましたが、今だとCS以外でスマホでも手軽に楽しめます。

歴史シミュレーションというか三國志や戦国時代を題材にしたアプリがたくさんありますので自分にあうアプリでじっくり遊ぶのも良いかもしれません。

そこでスマホならではの気軽さで遊びたいなという人向けにいくつか紹介しておきますので気になるものがあればダウンロードして遊んでみて下さい。

ガチャをしなければ無料で遊べますのでお財布にもエコです。(笑)

スマホなら出先でもちょっとした隙間時間でも遊べますので、そういう時に楽しめるものを探している人にはおすすめです。

雄才三国(三國志歴史シミュレーションゲーム)

三国の英雄よ その才を示せ
人を育て人を動かす 本格戦略シミュレーション
出典:雄才三国 公式サイト「雄才で争う激動の天下」

武将1人1人にクローズアップした三國志シミュレーション

こちらは2021年12月から事前登録が開始されたばかりの新しい歴史シミュレーションアプリ。

武将とのつながりに重きを置いた作品で、登場する武将は100人以上。

武将1人1人に特技があり、特技を使ってプレイヤー勢力の強化をしていきます。

その中で武装の育成や、訪問、不明地方を開放することで新しい武将に出会えたりとキャラゲー要素も多めの本作品。

お気に入りの武将と共に進むことができればより楽しめるかもしれません。

主な基本的なシステム部分はこちら。

雄才システム
武将1人1人に特技があり、その特技を使ってガチャ券や資源の獲得、所属武将のレベルあげや、治めている城周辺の賊を討伐してくれたりなど色々と効果があります。
雄才を強化育成することでその効果も上がっていきますので歴史シミュレーションの武将の強化が好きな人には合うかも。

遊歴
こちらは自勢力に所属している武将を訪問することができます。贈り物をすることで好感度があがります。好感度があがることによって雄才があがったり、その武将のエピソードである武将列伝が開放されたりします。

所領レベル
こちらは自分が拠点としている居城のレベルに応じて色々と他のシステムが開放されていくもの。城のレベルがあがることによって武将の強化に繋がる恩恵を受けることができます。

自勢力が強化されていくことで紹介したシステム以外にも開放されていきますのでそのあたりは実際にプレイして楽しんでみて下さい。

雄才三国~雄才で争う激動の天下~

雄才三国~雄才で争う激動の天下~

DAMO NETWORK LIMITED無料posted withアプリーチ

最後に

KOEIの歴史シミュレーションゲームって信長の野望シリーズや三國志シリーズだけでもかなりの数がありますし、結構、1作品毎にシステムが違ってますのでこういうジャンルが好きな方には自分にあった1本を探す楽しみがあります。

一応紹介した作品は管理人が今までに遊んだシリーズの中で特にハマったものを紹介していますが、好みによっては合わないってなるかもしれません。笑

他のシリーズ作品も調べてから購入するのがおすすめです。少し前のシリーズなら割と手ごろな値段でも販売されていますので。

スマホアプリの方は基本無料で楽しめるゲームになりますので一度遊んでみて雰囲気とかが合うかどうか試してみるのもいいかも。

脳内妄想が得意な方にはこの手のゲームは何度でも遊べるゲームだと思いますので、じっくり楽しめるゲームを探しているなら、ぜひ手に取って遊んでみて下さい。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました